2019年の朝ドラ「夏空」に決定!出演は広瀬すず。異例の発表の訳は

夏空

 来年の朝ドラで決まっている、「半分、青い」「まんぷく」と比べて異例の速さで、ヒロインの発表がありました。

 当然、早くに発表するには理由があるのですが、どのような理由でしょうか?

スポンサーリンク

早々とヒロインを発表した理由は

 今回NHKが早めに発表したのには理由があります。

 なんと、この作品で朝ドラ100作品になるんですね。

 歴史は長いと思っていましたが、これほどまでにとは思っておりませんでした。

 そして、制作サイドにもいろいろな事情があるんですね。

 その年の前半に放送されるのは東の東京放送局が制作し、その年の後半に放送されるのは西の大阪放送局が制作されるんですね。

 知りませんでした。

 当然、同じ会社とはいえ、東と西で製作しているわけですから、視聴率争いがあるのでしょう。

 逆にそんなのありませんよという方が野暮ですね。

 今回の早期発表の理由の一つは

 「局内では働き方改革が求められており、スタッフの業務が過重にならないようにクランクインを早めた結果」(NHK関係者)

 さすが、国関係の仕事ですね、こういうところも考えないといけないんですね。

スポンサーリンク

そういえばまだ、ヒロインが決まっていなかったような?

 来年の後半の朝ドラ「まんてん」は、まだヒロインが決まっていないような気がします。

 調べてみたら、まだでした(12月10日現在)

 という事は、かなり大阪放送局は悩んでいるんでしょうかね?

 実際に取材されたところがあったみたいで、NHKの返答は

 「オーディションかキャスティングにするか決まってませんが、(主演は)演じる年齢の幅も多少広くなるので、お芝居の力のある方がいいと思っています」(広報部)

 う~ん、悩んでいるんですね。

 やはり、朝ドラはかなり緻密な計画の上で作られているんですね。

スポンサーリンク

広瀬すず、朝ドラ「青空」ヒロイン抜てきに本音で回答

 広瀬すずさんがヒロインに決まったことに対して

 「朝ドラ。こんな側にある言葉になる日がくるとは」と話、オーディションではなく抜てきされたことに驚きが隠せない様子でした。

 「朝ドラ 100作品目。大きな節目。私で大丈夫なのか」と不安も漏らしながら、「頑張ります。まだまだ先ですが」

 と意気込みを語っていました。

 

スポンサーリンク

そういえば、どのようなドラマなの?

 あらすじは

 戦後、広大な北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・奥原なつの夢と冒険、愛と感動のドラマを描く「夏空」。

 戦争で両親を失い、傷ついたなつを癒やし、たくましく育てた北海道・十勝の大地と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たち。成長したなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性をいかして、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジする。(modelpress編集部)

 現在、まだ、よくわかっていないですが、これからですね。

 そりゃそうかというきもしますけどね。

コメント