Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

半分、青い。 異例の出来事が!何が異例だったのでしょうか?

半分、青い。

半分、青いも来月で最後か~

 

と思っていた矢先にクランクアップの話が飛び込んできました!

 

その、クランクアップでの出来事で異例の事が起きたそうです。

 

何が起きたのでしょう?

朝ドラ、「半分、青い。」の無料動画を見る方法

簡単にきれいな画像で動画を見ることができます

しかも、通常より多くのポイントがもらえます

詳しい手順説明はこちら
スポンサーリンク

半分、青い。 異例の出来事が!何が異例だったのでしょうか?

NHKは18日、女優の永野芽郁(18)がヒロインを務める連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の撮影が17日に終了したと発表した。

 

朝ドラのクランクアップはメディアに公開され、取材が行われるのが通例だが、近年、異例の非公開。

 

昨年11月から撮影に入り、約10カ月の長丁場を完走した永野は同局を通じて

 

「私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!」

 

とコメント。

 

同局関係者によると、永野は最後の撮影を終え、涙を流したという。

スポンサーリンク

半分、青いのクランクインは

ドラマは昨年10月23日に岐阜県内でクランクインしました。

 

永野は

 

「長いようで短いような10カ月でした。

 

こんなに長期間の撮影は初めてだったので、先が見えずに不安になってヒロインとしては頼りない時もあったと思いますが、共演者の皆さんやスタッフの皆さん、本当にたくさんの人に支えられて、乗り切ることができました」

 

とクランクアップの心境を明かし、周囲に感謝。

 「『半分、青い。』は私にとって永遠に自慢できる作品になったことは間違いないです!

 

だから、朝ドラでまたヒロインをやりたいな、また戻ってきたいなって思っています」

 

と笑いを誘い、手応えを示した。

 

スポンサーリンク

半分、青いのこれからのストーリーは?

「鈴愛の七転び八起きの人生をテレビの前で応援してくださっている皆さん、

 

まだまだ驚きの展開が待っています!

 

ハラハラ、ドキドキしながら最後まで見守ってください。

 

きっと素敵なラストになっていると思います」

 

と呼び掛けた。

 朝ドラのクランクアップは報道陣に公開され、会見が行われるのが通例だが、今回は異例の非公開。

 

理由について同局は、視聴者に物語に没頭してもらうためのネタバレ防止、撮影が夜遅くに及んだためと説明した。

 

大河ドラマは2016年「真田丸」のクランクアップが最終回の結末に触れるため、異例の非公開となった。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。

 

岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

スポンサーリンク

半分、青いの視聴率はどんな感じ?

 序盤はやや苦戦した視聴率も、第7週(5月14~19日)から直近の第19週(8月6~11日)まで週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)で13週連続大台超えと好調をキープしている。

スポンサーリンク

半分、青いの異例の出来事にみんなの意見は

永野さん、まだ18歳なんだ!
今日の放送では37歳の設定だった。

ひとまず撮影お疲れ様でした。

朝ドラ観ていましたけど、後半になるにつれ、だんだん登場人物に違和感、台詞や言いまわしや展開でマイナスイメージを持ってしまいましたが、それだけ演技が合っていて上手って事なのかな。。
以降、よい作品に巡り会えると良いですね

歴代稀に見る愛されないヒロインだったね。でも、この人に罪はない。

「まれ」も共感できないヒロインだったけど主役は今も活躍してるし、永野さんも頑張って。

ネタバレ心配しないでいいぐらい、先の展開がどんどん脚本家本人によって暴露される、かつてない朝ドラでしたね。

純と愛を見てなかった私にとって、ワースト1は「まれ」で主人公にまったく共感できなかった作品だったけど、「半分青い」は「まれ」を軽く飛び越える駄作だった。

主人公に共感出来ないを通り越して嫌悪感とかしかなかった。

年齢重ねてもちっとも落ち着かないし、40手前にして母親の貯めたお金を当てにしてぶん取るし。

成功したとしてもちっともよかったねと思えない。

まず自立しろよ!それだけだった

やっと終わってくれると思うとホッとする

まれ、とと、べっぴんと破壊力のある駄作が続いていて忘れがちだけど、榮倉奈々のやつも酷い出来で、撮了直後に彼女はそれまでトレードマークだった長い黒髪をバッサリ切ってイメチェンをはかった。

今回もそのくらい、女優にマイナスイメージを与える脚本だったな。

作品そのものよりもヒロインの描かれ方が特に酷いというちょっと珍しいパターン。

鈴愛(とこまっしゃくれた娘)が出てこないシーンは比較的心穏やかに観ていられる。

分かってる!分かってるんだけど、この子失礼なことをズケズケ言う子なんじゃないかって思ってしまう

ストーリーも方向性があっち行ったりこっち行ったりでつまらないし、なによりヒロインのぶっきらぼうな話し口調がとにかくイラっとする作品でした。脚本家の狙いがすべて裏目に出てました。

スポンサーリンク

まとめ

う~ん、みんなの意見は、悪いようですね~

 

40歳のおじさんは、20代のころのドラマとシンクロして、よかったと思ったのです。

 

でも、よめさんは皆さんとの意見と同じでしたね。

 

私が見る目がないのかな?

コメント