Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ぎぼむす 男性の共感も支えに高視聴率をマーク!第2章への期待も

義母と娘のブルース

2週連続で番組最高視聴率を更新中!

今期ドラマのトップを走っているのが、綾瀬はるかさん主演のTBS「義母と娘のブルース」(火曜後10・00)だ。

現在視聴率独走中である

スポンサーリンク

ぎぼむす 男性の共感も支えに高視聴率をマーク!第2章への期待も

「テレビ視聴しつ」(エイト社)でも、7月度の月間満足度調査ドラマ部門全体(朝ドラ~午後11時台ドラマ)で第2位の好位置につけている。

 

 

 綾瀬はるかさん、演じるキャリアウーマンが、母を亡くした娘の義母となり、奮闘する姿を描くホームコメディードラマとなっている。

 

最近のドラマは刑事ものや医療もののヒットが目立つ中、珍しいジャンルだが、多くの視聴者を巻き込み、満足させている理由には、過去の大ヒットドラマを彷彿とさせる要素が隠れていた。

 

1つ目は“ロボットのようなキャラクター”。

 

主人公は誰もが認めるキャリアウーマン!

 

しかし、恋愛や子供との接し方には疎いので、ビジネス用語を多用する堅苦しい口調で機械的に接してしまう。

 

これは2011年に大ヒットした日本テレビ「家政婦のミタ」を連想される。

 

そんなロボットのような主人公が介入して荒療治を施すことで家族が再生していくという流れも “ミタ”を連想させる。

 

だが、今回のぎぼむすはは“ミタ”ではダークに描かれていた。

 

“崩壊からの再生”ではなく、あくまでもハートウォーミングな展開で家族の再生を描いている。

 

そして、回を追うごとに主人公綾瀬はるかさんの表情が人間味を帯びていくのも、このドラマの見どころとなっている。

 

2つ目は“偽りの関係から本当の絆に気づいていく”というテーマ。

 

これは16年に大ヒットしたTBS「逃げるは恥だが役に立つ」と同様のテーマですよね。

 

“逃げ恥”は契約結婚をきっかけに本当の恋へと発展していくラブコメディードラマだった!

 

しかし、今回はそれを家族に置き換え、偽装結婚をきっかけに本物以上の家族へと成長していく

 

“逃げ恥”と同じ導入部でありながら全く違う切り口で、新しいホームドラマに仕上げている。

 

 また、主人公の綾瀬はるかさんがバリバリの元キャリアウーマンという設定ですから、

 

いじめ問題やPTAでの衝突など、保護者にとっては身近な学校の問題を会社に置き換えて解決へと結びつけます。

 

娘が高校生となった、第2章からは破産寸前のパン屋を再生させていくストーリーも愉快だ。

 

いかにもキャリアウーマンの“お仕事ドラマ”としての要素も加わっている。

 

そして“エビデンス(証拠)”や“スキーム(計画)”“コミット(誓約)”など、サラリーマンにはおなじみのビジネス用語がたびたび登場する。

 

これは、普段ホームドラマを敬遠しそうな男性視聴者の共感も得ている。

 

ぎぼむすのドラマの満足度を男女別に見ると、男性トップの数値をマークしている。

 

 脚本と演出を手掛けるのは、09年と11年に大ヒットしたTBSのSF時代劇「JIN-仁-」の森下佳子さんと平川雄一朗さん。

 

その関係からなのかは不明だが、主人公が奮起する印象的なシーンのBGMで、時代劇の合戦の際に吹く“ほら貝”が多用されている。

 

現代劇にはミスマッチとも思えるこの遊び心のある演出もこのドラマの独自性を高めている。

 

 人気ドラマの数々を彷彿とさせるキャラクターやテーマ!

 

演出だが、従来にない笑って泣ける全く新しいホームドラマの誕生を予感させる今作。

 

最後まで目が離せないのは間違いない。

 

スポニチアネックスより引用

スポンサーリンク

ぎぼむす 男性の共感も支えに高視聴率をマーク!みんなの意見!

綾瀬はるかさんの魅力がギュッと
詰まっているドラマだよね
ほんとうに素敵な女優さんになったよね

何年かおきに、良いドラマに巡り合っている気がします。
素敵な女優さんですね。
今回は共演者も素敵な方が多かったです。

サラリーマンの方はもちろんのこと、サラリーマンでない方も思わずニンマリするシーンはいっぱいありますね。

ストーリーが面白いし感動させられる要素もたくさんありますね。竹野内豊さんは優しくて格好よくて、はかなさもあり、子役も可愛い。主役の綾瀬はるかさんもコミカルで面白く尚且つ色っぽい。バランスが良く色々な要素が詰まっているから視ていて楽しいドラマです。今後の展開も楽しみです

かわいい。
眼鏡かけてるのもいいね。

森下・平川・綾瀬だから安心して観られる

面白いだろうとは思ってたけど想像以上に面白い

綾瀬さん、スーツもメガネも似合うし、美人さんを見るのもとても勉強になります。佐藤健さんの演技がヤダ〜〜

 

綾瀬さんの胸のふくらみに悩殺されて
毎週見ています
ストーリーもとっても面白く
男子ににもはまってしまうドラマですね

 

正直逃げ恥より面白いと思う

なかなか面白いドラマだと思います。
今後の展開に期待しています。

観てると温かい気持ちになれるドラマですね。
コメディなのかと思って笑ってたらなんでもないようなシーンでも涙がこぼれてしまう不思議な感じがします。笑いあり涙ありって言葉がこんなにも似あうドラマは数少ないです

森下佳子さんの脚本は上手いし、
表に出すぎないのも
職務を全うしていると思う。
ぎぼむすではJINで感動的な親子を演じた
綾瀬はるかと麻生祐未の絡みがあるのも
俺は嬉しいぞ。

竹野内豊は独身なのに、父親役の安定っぷりが凄い。
今後は回想シーンのみの主演なのが勿体ない。

PTAとのやり合いで心を掴まれました。

綾瀬はるかさん、はまり役だと思います
こういった特徴的な役柄が合っているのかな

第1章は竹之内豊もいい味を出してて(ある意味綾瀬はるかの対極のキャラだし)全体の雰囲気をいいものにしていた。
第2章、佐藤健がそのキャラを引き継げるとは思えず、どういう展開で楽しませてくれるのか、興味あり!

「家政婦のミタ」も「逃げるは恥だが役に立つ」も連想したことないな〜
新ジャンルホームドラマで「奥様は、取扱い注意」彷彿要素はあるかも
兎に角、綾瀬はるかの魅力が詰まった「義母と娘」今夜も楽しみ

NHKでやってた小汚い顔したドラマの綾瀬はるかは何の魅力もなかったが、このドラマの綾瀬はるかはもうドハマりすぎて好きになったわ
おっさんの感想でした。

 

綾瀬さんの演技力もだけど、笑いあり涙あり、面白いドラマなので、
今後の展開が楽しみです。竹野内さんよかったから、佐藤健が~と思いがちだけど・・・

 

 

異色でマイナーな隠れた秀作な原作をうまく料理してドラマ化した制作陣にも拍手を送りたい
本当にきちんと丁寧に作ってるってのが伝わってくるドラマ
役者さんたちも本当に演じてて輝いてる。

 

毎週楽しみにしています。
綾瀬はるかさん好きです。

 

よくこんな漫画を探してきたなと感心する。
ただ原作で2巻完結である以上、続編ができないでしょうね。

「ミタ」や「逃げ恥」とは違うような・・・

真面目で仕事一筋の亜希子さんが心優しき良一さんとの出会いで変化していき
末期の癌である良一さんもまた亜希子さんとの出会いで奇跡が・・・
という岡田恵和脚本の「あいのうた」のような展開かと思いきや
第6話であっさり良一さんが亡くなり、一気に9年後まで飛んだので
ビックリしてしまった。

奇跡の物語かと思ってたので、少し拍子抜けしてしまったけど
葬式後半で感情が爆発した亜希子さんや
お堅い亜希子さんに育てられた割には
抜けてるみゆきちゃんは人間味があってとても微笑ましい。
この後の展開が楽しみです。

綾瀬はるかさんは美肌で可愛い。 
そしてどんな役でも上手だと思います。

「奥様は、取り扱い注意」「きょうは会社休みます」「ホタルノヒカリ」「白夜行」も好きでした。

上白石は、これを機に、妹の方が活躍か?
芸能姉妹は、妹の方が活躍することが多いから。
広瀬・有村・浅田・上野など。
広瀬姉妹みたいに、一気に差がつく可能性が出てきたな。

いまからでも見るべきドラマ「ぎぼむす」

くそかわいい。
帰宅したときにエプロンしたまま
お帰りなんて言われたら
もう人生終わっちゃうな。

スポンサーリンク

まとめ

総合して綾瀬はるかさんの演技、竹野内豊さん、佐藤健さんの演技、みんなの演技で高評価を得ているような感じがします。

 

奥様は取り扱い注意の綾瀬はるかさんの格闘シーンが、いまだに印象的ですが、今回のぎぼむす!

 

これはこれで、感動しますね~

 

私は漫画を先に読んでしまい!久しぶりに感動したわ~と思ったんですけどね。

 

よく、原作の漫画を見つけたなと思います。

義母と娘のブルースの原作漫画を無料で読むには!どうやって無料でみる?
今日は義母と娘のブルースの原作漫画を無料で読むにはという、なんとも悪いことをするような内容ですね! ある意味、悪いこと? なのかもしれませんけど、実際そんなことはないかと思います。 理由は一番最後に書きますね。

コメント