Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

矢部太郎 休載に、大家さんと僕 真相は?大家さんが亡くなったから?

最近の出来事

週刊新潮でカラテカの矢部太郎さんの連載、大家さんと僕が今日発売の週刊新潮でわかった!

 

そして、カラテカの矢部太郎さんのツイッターでは大家さんが亡くなったことを報告していました

 

それだけ、大家さんが亡くなったことに、カラテカの矢部太郎さんはショックを受けたのだろうか?

スポンサーリンク

矢部太郎 休載に、大家さんと僕 真相は?

 矢部と大家のおばあさんとの交流を描いた同作は昨年10月に新潮社より発売。

 

実話に基づいた心温まるエピソードが「ほっこりする」と話題を呼び、ロングセールスを記録した。

 

今年4月には芸人として初、プロの漫画家以外でも初となる朝日新聞社主催『手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞している。

 

 きょう発売の同誌では、大家さんが亡くなったことの報告と生前の思い出を読者に紹介。

 

その上で、しばらく休載することが発表された。

 

この日の誌面には、単行本からのエピソード「うどんとホタル」が再録されている。

 

 矢部は23日にツイッターで

 

「『大家さんと僕』の読者のみなさまへ」

 

とした書面を掲載し、訃報を報告。

 

「『大家さんと僕』というマンガのすべてであった大家さんがお亡くなりになりました。

 

もっと話がしたかったし、聞きたいこともたくさんありました。

 

お見送りをしたいまは、大家さんと過ごした日々を思い出しながら、ただただご冥福をお祈りするばかりです

 

としのんだ。

 

 続けて

 

「大家さんは8月が一番好きだと言っていました。

 

理由は戦争の番組をたくさんやってくれるから。

 

そして、大切な人たちは戦争に取られたくないともおっしゃいました。

 

僕にとっても8月は特別な月になりました」

 

と改めて大家さんの言葉をかみしめながら

 

本来なら公にする必要のない一般の方である『大家さん』の訃報を、僕の都合でこうして公表することをご理解下さったご親族のみなさまに、感謝いたします

 

と結んでいた。

オリコンより引用

 

逆に私は大家さんの人柄を世に残すことができてよかったような気もします。

 

世の中、捨てたものではないと再認識させていただいたような気もしますからね。

スポンサーリンク

矢部太郎 休載に、大家さんと僕 真相は?みんなの意見!

 

大家さん亡くなったんですね。恩人だと思うので、非常に心痛でしょう

ゆっくり休まれてください。

 

大家さんが居なくなって間もない今、思い出を書き連ねるのは辛いのかも。
きっとご家族への配慮もあるはず。
またいつか、大家さんとの楽しいやりとりを見られることを、楽しみに待っています。

矢部さんの人柄が沁みます
また気持ちの整理がついたら続きを拝見したいものですね。

ゆっくり休んで
ゆっくり偲んで
寄り添ってあげてほしい。

 

矢部さん、昨日はNHKのお昼の番組で富士山の五合目から出演していましたね。

気象予報士さんだし、大家さんと僕は心優しいエッセイ本だと思いましたので、大家さんが他界されたので次回作は思い出に成るのでしょうし、もう少し時間が必要だろうと思います。

大家さんとの御縁はこれからもきっと、空の上から見守って下さると思います。

矢部さんらしく、しっかりとそして飄々と人生を歩んで欲しいです。

次は、富士山での願掛けの通りに素敵なお嫁さんに巡り会えると良いですね。

 

仕方ないですね。

矢部君ならまだまだ活躍出来ると思います。

頑張ってください。

スポンサーリンク

まとめ

矢部太郎さん、休載という事で書いてきました。

 

一度でも読んだことがある方は、もう一度読みたいと思いますね。

 

今回の大家さんが亡くなったことで、また、大家さんと僕が世に広まれば、大家さんも報われるでしょう。

 

コメント