Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東京ラブストーリー が14年ぶりが再放送される!今、なぜ放送されるのか?

SUITS/スーツ

東京ラブストーリーが再放送される理由はなぜだと思いますか?

 

実は、10月から始まる、秋のドラマに関係するんです。

 

さすがフジテレビと感じさせられます。

スポンサーリンク

東京ラブストーリー14年ぶりに再放送される!

 鈴木保奈美さん主演で、織田裕二さんが出演した。

 

「東京ラブストーリー」(1991年1月期)が、14日から28日にかけて『メディアミックスα』枠(月~金後3:50※関東ローカル)で再放送さることになった。

 

2004年9月24日から10月8日以来の14年ぶりで7回目の再放送となります。

 

 東京ラブストーリーは、柴門ふみさんの原作をもとに『mother』(2010年・日本テレビ)『カルテット』(2017・TBS)で知られる坂元裕二さんが脚本を担当しました。

 

小田和正さんの歌う主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」も大流行し、平均視聴率は22.9%、最終回には32.9%の番組最高視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。

 

これぞ「月9」というドラマです。

 

東京ラブストーリーのあらすじは

 アメリカに住んでいた経験を持ち、自由気ままに生き、恋愛にもまっすぐな赤名リカ(鈴木保奈美さん)を主人公に描かれています。

 

リカ(鈴木保奈美さん)が好意を寄せる同僚・永尾完治(織田裕二さん)や、完治(織田裕二さん)の高校の同級生・三上健一(江口洋介さん)で男性陣を固めていました。

 

そして、同じく高校の同級生で完治(織田裕二さん)が思いを寄せる関口さとみ(有森也実さん)や、三上(江口洋介さん)の大学の同級生・長崎尚子(千堂あきほさん)らが複雑な恋愛模様を織りなすラブストーリーとなっております。

 

スポンサーリンク

東京ラブストーリー が14年ぶりに再放送される!なぜ?

 実は織田裕二さんと鈴木保奈美さんは、10月8日から始まるの月9ドラマ『SUITS/スーツ』に出演されます。

 

『東京ラブストーリー』から数えると、27年ぶりの共演を果たすことが決定しております。

 

という事で、東京ラブストーリーを再放送するんですね!

 

リカ・完治とは違った二人の関係性にもきになりますね。

スポンサーリンク

東京ラブストーリー が14年ぶりに再放送される!みんなの声

昔は有森也実の方にイラッとしたが
今だとリカの方にイラッとしそうだ。

いい試みだね。
過去の栄光にすがるわけじゃないけど、昔のドラマがいかに面白かったかを振り返るいい機会になるし、今の世代の人がトレンディードラマ全盛期の作品を見るいい機会でもあるね。

今、新たに作るコンテンツよりも話題性があって、視聴率が取れるなら…今時点での制作をもっとがんばらないといけないってことでもあるんだけど、それにしても7回目ってすごいな。
見る人って過去にも見たことある人が中心になる気もする。

今の時代に「東京ラブストーリー」を見せたいとかではなく、織田裕二&鈴木保奈美コンビのSUITSが始まるから、新ドラ対応で過去のドラマの再放送っていつものやつね

写真に使われているシーン、携帯、スマホが普及した今ではあり得ないシーンだよね

カンチをリカが現場まで誘導する為に使っていた携帯もまるで箱を持っているかのように大きかったし、服装、また、東京の街並み、いろんなものが変わってしまったなぁ

東京に上京することが決まっていて、故郷で最後に観たドラマが東京ラブストーリーだった。あの頃はまだ、バブルの残り香があって、東京に行けば夢と希望が待っている、とワクワクしながらドラマを観ていたけれど、現実はそう甘くなかった・・・

歌とかドラマって、聴いたり観たりすると、その当時の記憶が鮮明に蘇るタイムマシーンだから、リアルタイムで観ていた人は当時の自分を思い出しながら、初めて観る若い人達は新鮮な気持ちで、日本のドラマ史に残る(名作、と呼ぶには賛否があろうが、時代を映し出した、という意味で)再放送を楽しめればいいね

最近になってちゃんと観たんだけど、あまりにも今と時代背景が違うので、チャラチャラしたバブル期の働き方や、携帯の無い不便さ、ウジウジした内向的な女の子。
共感という意味では、新鮮さもあるかもしれないけど、もっとこうすればいいのに!みたいな感情も正直沸き起こると思う。
内容も今観て面白いと思うかどうかは微妙なところ。

 

DVDを借りればいつでも観られるが、テレビでやる事に意味がある。

これはいい試みだね!
今から見れば、服装も化粧も古臭くダサいかもしれない、でも今の親世代がどんな物にハマり、どんなもの胸ときめかせて夢をみていたのかを覗いてみるのもいいのでは?

今はスマホでいつでも繋がれる時代。 

そのような文明の利器がない時代に起きるすれ違い・恋愛模様は、どんな風に映るのかな?

(そういう意味では今の時代はドラマが起きづらい時代だよね)
もちろんドンピシャ世代は、昔のときめき浸って明日への活力にするのもいいんじゃないかな? 

自分達はバブルの華やかな時代を経験してきた世代。

それに縋りつくの良くないが、でもその時代に意識が還れるのはラッキーなのかもしれない。
今の若い世代は、バブル後の閉塞した時代を生きてきて、胸ときめく夢を見づらいかもしれないが、胸をときめかせて夢を見ることを諦めないで欲しいな。

 

当時は携帯電話なんて持っているのは、極々一部の金持ちだからねぇ。

まぁバブル時代だったから、若い人でも持とうと思えば持てただろうし、容姿端麗な女性だったら「パパ」からお小遣い貰って持つ事は出来ただろうけど。

現代風に作ろうとしたら、スマホの充電が切れてて連絡が取れなかったとか、スマホが入ったバッグを盗まれて連絡を取る事が出来なかったとかに変えるとかね。

 

織田裕二は俳優としては良いと思う。

カンチの時の二人の間で揺れ動く表情とかリアルだったしやっぱりうまい。

踊る大捜査線も代表作だし。

代表作が複数あるってすごいと思う。

リカは今見たらきっとウザそう。

江口は今の方がかっこよくなってる。

ドラマの再放送だとフジではないかもしれないが常盤貴子やブッキーの漂流教室とか見たいな。

ちょっと怖かった記憶がある。

 

 

東京ラブストーリーではレインボーブリッジがまだかかってなくて、レインボーブリッジがない、晴海ふ頭からのお台場の風景を、あの名曲とともにいっぱい見れます。

今見ると物凄いタイムスリップ感があって面白いと思います。
ついこの間、見た気がしていたドラマだったんだけど、きれいな東京の風景を見せるドラマだったから、東京の進化の速さをつくづく感じさせるドラマになっていると思う。

 

フジは亀山時代に再放送枠やいいとも、ごきげんよう、昼ドラ潰した
しかし新社長になり再放送枠の復活は嬉しかった。
30年前の原宿や青山通り当時のファッショントレンドなど
昔のドラマは歴史的資料価値として有益だと思うし
平成のトレンディ元祖東京ラブストーリーが平成最後の年に放送とは
すごく運命的だし、秋からクリスマスになったら29歳のクリスマス。

 

小田さんのラブストーリーは突然に。

現在の若者にも受けそうな期待感がある。
良曲は昔のものでもどんどん新しい世代の人にも知ってもらうチャンスをつくっていってほしいな。
東京ラブストーリーも微妙な三角関係が小学生の子供心にも新鮮に感じ真剣に見てたな。

リカ応援派だったけれど、成長するにつれ里美のズルさへの共感や魅力も分かるようになった。

 

 

試みは良いけど中途半端ですね。

いっそのこと月9でやれば良いのに。
再放送でも視聴率をとれればスポンサーは文句ないと思うし。

大河ドラマみたいに毎週の本編終了後に当時の振り返りや出演者達のエピソードトークを5分ほど入れるとかでフレッシュさを補うとか策はあると思うよ。

そのままタイムとんねるず?に繋げば懐かしいトークでも観てもらえそうだし。
そもそも再放送でも若い人は知らないから新鮮だし、昔を知っている人も懐かしいと思うだろうし。

再放送を月9でやることが手抜きに感じるのかも知れないけど、平日の午後に垂れ流す事の方が本当の手抜きだと思うよ。
昔の作品をあえて今の月9に据えることで、観てもらうための知恵を絞る事になると思う。
そういう知恵を絞る事が今の安易なアイドルドラマへの反省につながるのでは?

安易な再放送は「攻め」ではなくて「逃げ」ですから!

 

 

コメント