Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日日是好日(にちにちこれこうじつ)とはどういう意味?

映画や音楽

この前、樹木希林さん(享年75)の告別式が9月30日、東京・光林寺で開かれました。

 

そして、映画、日日是好日(にちにちこれこうじつ)が樹木希林さんにとって、遺作となります。

 

という事で、気になり、日日是好日(にちにちこれこうじつ)の意味を調べてみました。

 

映画のタイトルなのですが、意味がわからなかったものですから!

スポンサーリンク

日日是好日(にちにちこれこうじつ)とは

日日是好日(にちにちこれこうじつ)とは、「毎日が良い日だな」という意味になります。

 

これは禅の言葉になるそうです。

 

そして、この字は、普通は「ひびこれこうじつ」とも読むそうです。

 

う~ん、どちらも知らなかった~

 

では、日日是好日(にちにちこれこうじつ)の意味はというと

 

結論から言うと、どんな状態でもあなたの人生に必要な1ページなので、どんなにきつくても逃げることなく精いっぱい楽しみましょう。

 

という意味だそうです。

 

一瞬一瞬を精いっぱい生きていこうという話ですね。

 

この話の時、詳しく紐解くときに天気の話をすることが多いですよね。

 

雨って、普通の場合、濡れたりするので嫌じゃないですが?

 

でも、農家の方などからしたら、適度な雨が必要になるわけです。

 

私たちにしても、時々、雨が降らないと飲み水の確保ができないじゃないですか

 

雨と言うと嫌なことばかりではないという事ですよね

 

ということで雨の話が良く引き合いに出されます。

 

かなり、いい言葉ですよね。

 

そして、ドラックの上にこの文字を見ることがあったのでびっくりしました。

 

まさしく、今の私に向けた言葉だなと思いました。

スポンサーリンク

日日是好日(にちにちこれこうじつ)の映画は

映画、日日是好日(にちにちこれこうじつ)は森下典子さんの原作になります。

「日日是好日」 2018年10月13日(土) 全国公開

 

「日日是好日」の出演者は、樹木希林さんや黒木華さん、多部未華子さん、山下美月さん、鶴田真由さん、鶴見辰吾さんが私の知っている方々です。

 

そして、映画の内容はエッセイストの森下典子さんが、茶道教室に25年間通った日々をつづった本の日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせを映画化したものです。

 

樹木希林さんの役どころはお茶の先生である武田役をされています。

 

そして、森下典子さん役を黒木華さんが演じております。

 

多部未華子さんは、森下典子さんのいとこの美智子役をしています。

スポンサーリンク

日日是好日(にちにちこれこうじつ)の映画の予告!

日日是好日(にちにちこれこうじつ)の映画の予告!はこちら

 

その1

映画『日日是好日』予告

その2

黒木華&樹木希林共演『日日是好日』予告編

京都イベント特別映像 その1

『日日是好日』京都イベント特別映像①

京都イベント特別映像 その2

『日日是好日』京都イベント特別映像②

お茶をテーマにした映画はなかなか内容ですね。

 

スポンサーリンク

「日日是好日」という曲がある

レミオロメンのボーカル兼ギターをしていた

 

藤巻亮太さんの曲で、「日日是好日」と言うのがあります。

 

こちらの歌詞は、禅問答うのように難しい言葉ではなく、わかりやすく歌詞にしております。

 

歌詞はこちらにのっております。

「日日是好日/藤巻亮太」の歌詞 って「イイネ!」
「最悪と口に出しかけて 喉元にそいつをとど…」勇気をもらったり、泣けたり、癒されたり…、この歌詞をチェックしてみて!人の心を打つ「言葉」がぎっしり!

動画は公式になりますが、こちらになります。

藤巻亮太 – 「日日是好日」MUSIC VIDEO

当たり前ですが、公式ですので、ちょっと歌が短めです。

 

 

CDはこういうジャケットになります。

スポンサーリンク

まとめ

『日日是好日』 2018年10月13日(土) 全国公開されます。

 

もうすぐですね。

 

本当にお茶の話かと言うほど、深い映画になりそうです。

 

樹木希林さんの遺作になりますが、メチャクチャいい作品のような気がします。

 

つかれている時、人生悩んでいる時に、この映画を見ると何か新しい発見があるかもしれません。

 

そのように感じた作品でした。

コメント