Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どうしておじさんは“おやじギャグ”を言うの?ちょっとした疑問を調べます。

どうしておじさんは“おやじギャグ”を言うの? 何気ない疑問!

歳をとるとすごく思うのですが、

 

「おやじギャグ」

 

面白くないでしょうが、若い子に言いたい!

 

面白くなくても、会話に付き合ってあげて~

 

と最近言いたくなります。

 

では、なぜ、おやじギャグを言ってしまうのか調べてみましょう!

スポンサーリンク

どうしておじさんは“おやじギャグ”を言う?

親父ギャグを言ってしまうのは、脳の老化と疲労が原因だと言われています。
 
 
小学生くらいの子供は、ダジャレをよく言いますよね。
 
 
それは語彙が増えていく過程で脳が、言葉と言葉の間に関係性を見出すと嬉しくなるからなんです
 
 
しかし成人になるにつれて思いついた関係性を、むやみやたらに言うのを理性が止め、ダジャレを言わなくなるわけです。
 
 
しかし、その後、歳をとるにつれて、理性を司る前頭前皮質が老化してしまいます。
 
 
 
そうなると、思わず親父ギャグを言ってしまうという仕組みだと言われています。
 
 
 
脳の前頭前皮質が疲労することで起こるわけですね。
スポンサーリンク

どうしておじさんは“おやじギャグ”を言う?

これは、ある意味面白いですよ

 

実は、おじさんの中に、愛されたいという思いがあるからだという話があります。

 

最近の中年男性が職場で目立つには、

 

際立つ容貌でお金をかけたセンスのいいファッションをまとい、

 

役職つきで仕事ができ、なおかつ部下からの信頼も厚くなければなりません。

普通の中年男性には、なかなかできませんよね。

 

というか、無理です!

 

加えて、中年男性は大抵、家庭でも悲しい存在なんです。

 

そうした背景におやじギャグが存在すると言われています。

 

うんざりされようが、おやじギャグをいえば振り向いてくれるんです。

 

またかと言われようが、その時は、注目してくれるんです。

 

つまり、自分の存在をアピールしたいという表れなんですね。

 

そういう意味では愛されたいという感情のあらわれと言えるのではないでしょうか?

 

めんどくさいですが、こらえてあげてください!

スポンサーリンク

まとめ

どうしておじさんは“おやじギャグ”を言う?という事で調べてきましたが、

 

結局のところかまって欲しいんです。

 

さみしいんです。

 

大きな声では言えませんが、相手をしてほしいんです。

 

特に若い女の子とどうこうしたい訳ではないんですが、こちらを向いて欲しいんです。

 

という事で、おやじギャグを言ってしまうんですね~

 

なんとも、愛らしいではないですかって、自分を擁護するなって

 

すみません!

 

コメント