Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

久世福商店とは?菊屋とは?がっちりマンデーでその答えがわかります!

がっちりマンデー がっちりマンデー

11月4日の朝7時半からのがっちりマンデーは

 

ショッピングモール「だけ」でよく見るお店!という事でお店が紹介されます。

 

紹介されるお店は「久世福商店」さんと「菊屋」さん

 

二つのお店はどのようなものを売っているんでしょうかね?

 

また、どうやって稼いでいるのでしょう?

スポンサーリンク

久世福商店とは?

久世福商店がどのような考えで商売されているかを表しているのがありましたので抜粋しました。

 

久世福の心意気

東に脂がのった鰯があると聞けば赴き、

西に甘い塩があると聞けば赴き、

南に香りの高い焼酎があると聞けば赴き、

北に旨い昆布があると聞けば赴き、

時に逸品ありの声を聞けば海をも渡り、

このような考えで久世福商店のオリジナル商品たちは生まれました。

 

辺境に位置しながら、自然を愛する

誇り高い生産者との出会いによって誕生しました。

単に商品の魅力だけでなく、

生産者の人柄にまで惚れ込んだ一品は

プロ仕様でありながらお求め易いパッケージに仕上げています。

生産者と語り合うことで思いもよらない商品が出来上がりました。

 

世の中に溢れたプライベートブランド商品は

行き過ぎた低価格志向が目立っている気がします。

久世福商店は、お客様に生産者の理念まで伝えることで

適正な価格で販売させてただき、

お客様、生産者様、そして世間様の三方にとって

有益な商いを理想に掲げております。

 

地元だけで売られていたご当地漬物を、200万個を超える大ヒット商品にしたんですね。

 

久世福商店とは久世福がこだわった商品を選んでいるという事ですね。

久世福商店の商いの心得からそれがうかがえます。

久世福商店の商いの心得

 

1 当代随一

こだわりの作り手を万国の訪ね歩き比類なき逸品のみを集めるべし

1 唯一無二

今まで世に無かった、久世福ならではの食材を創るべし

1 三位一体

価格、味、品質、すべてにおいて優れた商品のみをそろえるべし
お客様、仕入先様、世間様、三方共に満足しうる商いをすべし

久世福商店:こだわりの逸品
ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに久世福商店は、世界をめざして日本が誇る和食文化を発信しています。全国の誇り高き生産者と共同開発した厳選された商品、約2000品目を取り揃えています。
スポンサーリンク

菊屋とは?

地味すぎて売れない台所グッズを華麗に復活!年間売上げ28億円の売れている儲かりキーワード、

 

「半径30km」って何?

 

菊屋とは

 

“日々の生活に楽しさと豊かさを”をモットーに「生活提案型ライフスタイルショップ」として、和食器・洋食器・漆器・ガラス器・キッチン雑貨・インテリア雑貨を取り扱う『吉祥寺菊屋』

 

そして、その吉祥寺菊屋の店舗業態に、さらにスキンケアを中心とした化粧品・化粧雑貨を取り扱う『kichijojiKIKUYA』の業態がございます。

店舗は東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・栃木県(出店舗順)に42店舗ございます(H29年度6月現在)。

店舗にある商品の多くは、その店舗の店長の独自の仕入れによるもの。

ですから、その地域やお客様のニーズに合わせた品揃えとなっております。

食器・様々なキッチン雑貨商品をご提供することにより、人々の暮らしに彩を添え、日々の生活を”より楽しく””より豊か”な気持ちになれる、そんなお店作りを目指しております。

 

菊屋さんの経営理念

 

感謝の心で前進

私達は大自然、祖先、すべての人に心から感謝を致します。

 

夢・目標を持ち、一歩一歩前進いたします。

 

・菊屋は社業を通じ社会に貢献致します。

・額に汗し、努力の結果以外からの利益は受けない。

・信用は実務・行為から生じるものであり、架空の信用を利益としてはならない。

・菊屋はその時々の風潮に溺れず、流されず、常に原理原則に立脚し、凛然と事を決します。

吉祥寺 菊屋 和食器・キッチン雑貨・生活雑貨の老舗専門店
昭和24年創業の食器・キッチン雑貨の老舗専&#3827...
スポンサーリンク

まとめ

二つの会社をまとめて、紹介しまいた。

 

OAは11月4日の日曜日の朝7時半になります。

 

がっちりマンデーでは、もっと二つの会社を深堀していろいろ聞きだしているでしょうね

コメント