Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「麻雀放浪記2020」の映画が新設定で蘇る!気になるベッキーの役どころは?

映画や音楽

2019年4月5日、阿佐田哲也原作の小説「麻雀放浪記」を映画化した作品が公開されます。

 

原作の「麻雀放浪記」は、1984年に真田広之さん主演で一度映画化されており、今も麻雀映画の名作として語り継がれています。

 

そして今回の映画化は、戦後の混乱期を舞台にした原作から大きく設定を変え、主人公が2020年にタイムスリップした!という仰天設定になっているのです。

 

果たしてこの「新設定」の新作は、どんな映画になっているのでしょうか?

 

1984年に製作された「麻雀放浪記」と共に、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「麻雀放浪記」は、どんなお話?

「麻雀放浪記」は、ご自身もギャンブラーとして有名な阿佐田哲也さんが、昭和44年から週間大衆誌上で連載を開始した小説です。

 

戦後の混乱期を舞台に、若者がギャンブルの腕前ひとつでのし上がっていくこの物語は大人気となり、「青春編」から始まり「風雲編」「激闘編」「番外編」と4作のシリーズが書かれました。

 

今もなお、麻雀好きな方々の間では、「バイブル」として読み継がれている名作小説です

 

そして昭和59年(1984年)に、この小説が初めて映画化されました。

スポンサーリンク

1984年度版「麻雀放浪記」は、どんな映画?

1984年に製作された「麻雀放浪記」は、イラストレーターの和田誠さんが、初めて映画の監督に挑戦した作品です。

 

主役の「坊や哲」を真田広之さん、坊や哲に多大な影響を与えるクラブのママを加賀まりこさん、その他大竹しのぶさん、鹿賀丈文さん、加藤健一さん、高品格さんらが出演しています。

 

小説の「青春編」を基に、全編をモノクロで撮影したこの作品は、和田誠さんの初監督作品ながら、リアルな戦後の描写や緊迫した麻雀シーンが高い評価を受け、数々の映画賞を受賞しました

 

そして2019年4月、この初映画化からおよそ35年ぶりに、「麻雀放浪記」の新作が公開されるのです!

スポンサーリンク

2019年度版「麻雀放浪記2020」は、どんな映画になる?

監督を務めるのは、2013年に監督した「凶悪」が高い評価を受け、2018年度作品「孤狼の血」も、映画賞レースを賑わせている白石和彌監督。

 

主演は、1984年の「麻雀放浪記」を、生涯のベスト作品だと公言している、斉藤工さん。

 

そして今回の映画化は、原作をそのまま映画化するのではなく。

 

なんと主役の坊や哲が、2020年にタイムスリップした!という設定の映画になっているのです!

 

しかもこの映画の中での2020年は、「東京オリンピックが中止になった設定」になっているとのこと。

 

何か、とんでもない映画になっていそうですね!

スポンサーリンク

「麻雀放浪記2020」のスタッフ&キャスト

スタッフ

監督:白石和彌

脚本:佐藤佐吉、渡部亮平、白石和彌

原作:阿佐田哲也

プロット協力:片山まさゆき

音楽:牛尾憲輔

キャスト

斉藤工

もも(チャラン・ポ・ランタン)

的場浩治

岡崎体育

小松政夫

ベッキー

竹中直人

スポンサーリンク

「麻雀放浪記2020」のあらすじ

物語の主人公・坊や哲は、気が付くと終戦直後の1945年から、2020年にタイムスリップしていました。

 

坊や哲が目の当たりにした2020年の東京は、絶望的な光景が広がっていました。

 

労働はAI(人口知能)に取って変わられ、町には失業者と行き場を失くした老人がが溢れている。

 

しかも、2020年に開催予定だった東京オリンピックが、開催中止になっていたのです。

 

そんな中で坊や哲は、「未来の強敵」と麻雀の勝負をすることになります・・・!

 

 

2019年2月末の段階で、まだ詳しいストーリーは明らかにされていません。

 

一体どんな物語になるのか、2020年の麻雀勝負はどんなものになるのか?

 

今から色々と想像が膨らみ、楽しみで仕方ありません!

 

 

「麻雀放浪記2020」予告編

映画『麻雀放浪記2020』特報(ロングver.)
スポンサーリンク

「麻雀放浪記2020」の見どころ、ベッキーの役どころは

この映画の見どころは、まずはやはり1984年度版「麻雀放浪記」の大ファンであり、本作の脚本も一読して惚れこんだという、主演の斉藤工さんの演技でしょう!

 

原作と、1984年度版に対しての思い入れの強さから言えば、誰にも負けないと言える斉藤さんが、どんな「坊や哲」を演じてくれるのか?

 

 

そして、近頃ご結婚を発表したベッキーさんが、坊や哲に多大な影響を与えるクラブのママを演じるのも注目です。

 

更になんとベッキーさんは、劇中登場するAIを搭載したアンドロイドも同時に演じる、「1人2役」をこなすとのこと!

 

このアンドロイドが坊や哲とどういう関わりを持つのか、もしかしたらAIとの「麻雀対決」もあるのか?

 

これはほんとに原作にはなかった「未知の設定」ですので、映画を見てみないことにはわからない楽しみのひとつと言えそうです。

 

その他のキャストも、竹中直人さんや的場浩司さん、小松政夫さんと個性派揃い。

 

加えて、坊や哲の面倒を見る地下アイドル役に、「逃げるは恥だが役に立つ」のオープニング曲を担当し注目された姉妹ユニット、チャラン・ポ・ランタンのももさん。

 

その地下アイドルの熱狂的ファンで、オタク気質の男を演じるのは、こちらも独特の世界観を持つ歌の世界が話題の岡崎体育さん。

 

ミュージシャンのお二人がどんな演技を披露してくれるのか、これも間違いなく見どころのひとつでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2019年4月に公開される「麻雀放浪記2020」の、現段階でわかっているあらすじや見どころ、スタッフやキャストについてご紹介しました。

 

主演の斉藤工さんが、脚本を読んで「これほんとに麻雀放浪記?と思うほど、鋭角的で奇天烈な世界観」と仰ってるくらいですから、相当にぶっ飛んだ作品になっていそうです。

 

今から4月5日の公開が、本当に楽しみですね!

 

※『麻雀放浪記2020』
2019年4月5日(金)より、全国ロードショー!

 

ピエール瀧さんが逮捕され、公開が危ぶまれましたが、無事、公開するという事で、首を長くして待っていた方からしたらホッとされたことでしょう。

 

ピエール瀧さんの逮捕で麻雀放浪記2020がかなり注目をひきました。

コメント