Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「貞子」が2019年に映画で原点回帰!シリーズ最新作はどんな映画に!

映画や音楽

「貞子」が2019年に映画で原点回帰!シリーズ最新作はどんな映画に!ということで記事を書いていきます。

 

1998年に公開され、日本中に恐怖の旋風を巻き起こした、ホラー映画の名作「リング」。

 

この映画に登場する、人々を呪い殺すキャラクター「貞子」は、いまやハリウッドでもその名をとどろかすほどの、メジャーなホラーキャラクターになりました。

 

そして今年2019年5月末、オリジナルの「リング」を監督した中田秀雄監督による、シリーズ最新作が公開されるのです!

 

「新年号」になってから最初のお目見えとなる新作「貞子」は、一体どんな恐怖を見せてくれるのでしょうか?

 

今回は、これまでの「貞子」の歴史を振り返りつつ、最新作「貞子」についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

貞子を産んだ「リング」とは、どんな映画?

1998年、鈴木光司さん原作のホラー小説、「リング」と「らせん」が映画化され、2本立てとして同時公開されました。

「らせん」は内容的に「リング」の続編になっており、シリーズである2本の映画がこういった形で同時に公開されるのは非常に珍しいケースで、話題になりました。

 

この時「2本立ての1本目」として上映された「リング」が、劇場に足を運んだ観客を、恐怖のどん底に叩き落したのです!

 

その怖さは口コミという形で伝わり、日本のホラー映画としては類を見ない大ヒットとなりました。

 

特に、映画の最後の最後で、人々を呪い殺す貞子が「登場」するシーンでは、怖さのあまり劇場内で悲鳴があがったと言われるほどです。

 

本作で登場した、ビデオテープを見た者が次々に呪われていく「呪いのビデオテープ」というアイテムも斬新でした。

 

そして、「リング」を監督した中田秀夫監督の名前も、一躍注目されることになりました。

 

また、「リング」の怖さは海を越え、ハリウッドでもリメイクされることになりました。

 

貞子の呪いは、ワールドワイドなものになったのです!

 

中田監督自身も、ハリウッド版「リング」のパート2である「ザ・リング2」を、アメリカに渡って監督しています。

 

もちろん国内でも、「リング」の続編が次々と作られました。

 

極めつけは、「リング」と同じくJホラー(ジャパニーズ・ホラーのこと)を代表する1作である「呪怨」のキャラクター、「伽椰子」と貞子が共演&対決する「貞子VS伽椰子」という作品まで製作されました。

 

映画の登場人物という枠を超えて、ひとつのキャラクターとして独立した存在になったとも言える「貞子」ですが、その分、当初感じていたような「怖さ」が薄れていったことも確かです。

 

その貞子を生み出したオリジナル作品「リング」の監督が、再び貞子を21世紀に蘇らせる!

 

どんな映画になるのか、これは期待せずにはいられません!!

スポンサーリンク

「貞子」のスタッフ&キャスト

スタッフ

監督:中田秀夫

 

脚本:杉原憲明

 

原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)

キャスト

池田エライザ

 

塚本高文

 

清水尋也

 

姫嶋ひめか

 

桐山漣

 

ともさかりえ

スポンサーリンク

「貞子」のあらすじ

病院で心理カウンセラーとして働いている、秋川茉優。

 

ある日彼女は、警察に保護された1人の少女を担当することになります。

 

その少女は記憶を失くし、自分の名前も言えない状態でした。

 

そんな少女と向き合おうと努力する茉優でしたが、やがて、少女の周りで不思議な出来事が起こり始めます・・・。

 

一方、茉優の弟でユーチューバーの和真は、再生回数を稼ごうと、5人の死者を出した団地の火災跡に忍びこみますが・・・

 

現段階でわかっているあらすじは、ここまでです。

 

VHSのビデオテープが呪いの元になっていたオリジナルの「リング」から時代が変わり、本作ではyou tubeがクローズアップされているのがわかりますね!

 

SNS時代になった現代で、果たして貞子はどんな恐怖を見せてくれるのでしょうか?

 

「貞子」予告編

【映画 予告編】 貞子(60秒予告)
スポンサーリンク

「貞子」の見どころ

松嶋菜々子、中谷美紀、深田恭子、仲間由紀恵、橋本愛ら、豪華メンバーが出演してきたこれまでの「リング」&「貞子」シリーズ。

 

今回ヒロインを演じ、この歴代豪華メンバーに名を連ねることになるのは、池田イライザさん!

 

イライザさんは公式HPで、次のようにコメントしています。

 

「平和な世界にじわじわと迫りくる恐怖・・・現場は穏やかに見えて、いつも何処か張り詰めていました。

 

・・・1つ言えるのはこの映画、容赦ないです。どうか楽しみに待っていて下さい。」

 

1つ言えることは、「この映画、容赦ない」!

 

イライザさんのこのコメントだけでも、この映画の「怖さ」が伝わって来ますね!

そして、監督の中田秀夫さんは、次のように語っています。

 

「・・・純粋に私自身が「イケてる」と思うホラー表現をシンプルに、がむしゃらに追求したつもりだ。

 

・・・今度の貞子はここが違う、スゴい!と驚愕してもらえるものを目指した」

 

シンプルかつ、がむしゃらに。スゴい!と驚愕してもらえるものを目指して。

 

監督の、この作品に対するアツい思いが伝わって来ますね!

 

かなり期待出来る「新作」になっていそうです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、5月24日に公開される「貞子」について、あらすじや見どころ、そしてこれまでの「リング」シリーズについて簡単に振り返ってみました。

 

原点である「リング」から時を経て、今また新たな恐怖の始まりを体験ことになるかも・・・?

 

今から5月の公開が楽しみですね!

 

※映画『貞子』
2019年5月24日(金)より全国でロードショー!

コメント