Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画「ポラロイド」その一枚が「人生最後の一枚」が面白そう!

映画や音楽

「ポラロイド」は、2017年に公開され話題になったホラー映画、「IT それが見えたら終わり」のプロデューサー、ロイ・リーが製作を務めた新作ホラーです。

 

アンティークなお店で見つけたポラロイド・カメラで撮った友人たちが、次々謎の死を遂げていく・・・!

 

というストーリーで、写真に映った正体不明の影を見つけたヒロインが、謎の究明に乗り出すことになります。

 

今回は「ポラロイド」のあらすじや見どころ、そしてスタッフ&キャストなどをご紹介致します!

スポンサーリンク

「ポラロイド」はどんな映画?

「ポラロイド」は、ヒット作「IT それが見えたら終わり」の製作者であるロン・リーが製作を務め、リブート版「チャイルド・プレイ」の監督に抜擢された、ノルウェー出身のラース・ブレグバーグが監督を担当しています。

 

ブレグバーグ監督は、2015年に「POLAROID」という短編映画を撮っており、本作はその長編リメイクになっています。

 

更に本作は、日本で紹介されるブレスバーグ監督の第一作目となり、リブート版「チャイルド・プレイ」と同日公開となっています!

ヒロインを務めるのはキャスリン・ブレスコット、共演はタイラー・ヤングという、まだ日本では馴染みの浅い、フレッシュなメンバー。

 

期待の新鋭監督とフレッシュな出演陣が、「アンティークなカメラ」を題材に、どんな恐怖を見せてくれるでしょうか?

スポンサーリンク

「ポラロイド」のスタッフ&キャスト

スタッフ

監督:ラース・クレヴバーグ

 

脚本:ブレア・バトラー

 

製作:ロイ・リー、クリス・ベンダー、マイケル・マホニー

キャスト

バード/演:キャスリン・コブレット

 

コナー/演:タイラー・ヤング

 

ケイシー/演:サマンサ・ローガン

 

謎の老女/演:グレイス・ザブリスキー

 

ペンブローグ保安官/演:ミッチ・ピレッジ

スポンサーリンク

「ポラロイド」のあらすじ

ヒロインの女子高生・バードは、スマホやデジカメが全盛の現代で、アナログカメラが趣味という変わった女の子。

 

趣味を生かしてアンティークショップでバイトをしているバードは、ある日「掘り出し物」のカメラに巡りあいます。

 

バイト先の同僚・タイラーが見つけてきたのは、過去に名だたるアーティストたちが使ったと言われている、ポラロイドカメラの名機。

 

タイラーからプレゼントされたそのカメラは、40年以上も前の製品でありながら、試しに撮影してみたタイラーの写真もクッキリと映るスグレモノでした。

 

しかしバードはその写真に、何か怪しい黒い影が映っているのを発見します。

 

気のせいだと言い聞かせて写真をしまいこむバードでしたが、数日後、保安官からタイラーが不審な死を遂げたことを知らされます!

 

昨日まで元気だったタイラーの突然の死に、驚くバード。

 

そして、ポラロイドカメラに映っていた「黒い影」のことが頭をよぎります。

 

しかし、タイラーの写真をもう一度見てみると、影はいつの間にか、写真から消えていました。

 

気になったバードは、カメラで映した他の写真を見てみます。

 

すると、同級生の1人がカメラを使って「自撮り」をした写真に、その「影」を見つけます。

 

その同級生も翌日、無残な死体で発見されるという知らせが・・・!

 

この「黒い影」が、謎の死の原因になっていることは間違いないと、バードは確信します。

 

そしてバードは、学内のパーティーに出席した時に、このカメラで同級生たちの記念撮影をしていたのです。

 

今度は、多くの同級生が映ったこの写真に、また同じ「黒い影」が見つかりました・・・!

 

更に、写真に映った窓ガラスに、撮影したバード自身の姿も映りこんでいたのです!

 

バードはこの呪われたカメラの謎を突き止め、同級生たちの、そして自分の命を救うことが出来るのでしょうか・・・?

 

「ポラロイド」予告編

【公式】『ポラロイド』7.19(金)公開/本予告
スポンサーリンク

「ポラロイド」の見どころ

本作の見どころはやはり、スマホ・デジカメ全盛時代に、あえて「ポラロイドカメラ」を設定の「主役」に持ってきたことでしょう。

 

実際に多くのアーティストが使ったという「名機」に、アンティーク好きな女子高生が惹かれるのはよくわかります。

 

その「年代モノのカメラ」が、作られてから長い年月が経ちながらしっかりと撮影出来たのは、実は何かがおかしかった、通常ではないカメラだった!ということですね。

 

そして、ポラロイドカメラだけに、撮影してすぐに写真が出てくるのが特徴ですので。

 

スマホのように「アプリでの加工」がされていないというのも、重要なポイントですね!

 

写真に映った謎の黒い影に、なんの細工もされていないことは、撮影したヒロインが一番よくわかっていることなのです。

 

それだけに、その「恐怖」がじわじわと沁みてくるのではないでしょうか・・・?

 

予告編を見ると、「死の元凶」と思われる写真を「こうすれば、全て解決さ!」と、ヒロインの同級生が燃やしてしまうシーンが出てきます。

 

すると、その写真が「燃えた箇所」に映っていた女学生の腕が、実際に燃え出してしまう・・・!

 

写真は、一度撮影されたら、抹消することが出来ない。

 

まさに、「一度映ってしまえば、それで終わり」なのですね!

 

人を死に追いやる呪われたカメラの正体はなんなのか、ヒロインや同級生たちは助かるのか?

 

果たしてどんなクライマックスが待っているのか、楽しみにしたいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「IT それが見えたら終わり」のプロデューサー、ロイ・リーが製作を務めた新作ホラー「ポラロイド」のあらすじやスタッフ&キャスト、映画の見どころなどについてご紹介しました。

 

ポラロイドに込められた、何かの呪いが原因という「心霊ホラー」なのか、またはポラロイドに潜んだ怪物が襲ってくるという「モンスターホラー」なのか。

 

あらすじや予告編を見る限りでは、死に直面したと思われる登場人物が、「何かを見て怯える」シーンが見受けられます。

 

現時点では、「どちらもありうる」ような展開になっているだけに、これも楽しみのひとつであります。

 

7月の公開時に、ぜひ映画館でお確かめ下さい!

 

※「ポラロイド」

 

7/19(金)より、 ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント他、全国順次ロードショー!

☆映画公式サイト 

映画『ポラロイド』公式サイト
『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』製作陣が放つ“呪われた”問題作、日本解禁。7月19日(金)ヒューマントラストシネマ有楽町 渋谷シネクイント 他全国順次ロードショー

コメント