「がっちりマンデー」儲かる予想ビジネス!アパホテル・トリプルダブリュージャパン・玉子屋の戦略とは?ネタバレ感想を、

予想ビジネスと言われるので、次はどんな商売が儲かるかというのを特集するのかと思いきや、そうではないようです。

では、何を予想してビジネスにするのでしょうか?

スポンサーサイト



7月2日放送のがっちりマンデーは予想ビジネス

儲かるビジネスを予想するという番組かと思っていたら、そうではなかったようです。

天気などを予想しての儲かるビジネスという事でした。

アパホテルの元谷芙美子社長がTVに出演していただいております。

アパホテルが何を予想するのかというと客室の稼働率との事です。

では、何をもとに宿泊料金を決めているかというと、今年と昨年の客室の予約率で金額を変化させています。

安いと満室率が高くなりますが、利益が出ない。

高いと満室になりにくい。

という事で、そのバランスで料金を決めているとの事でした。

金額設定のもう一つは、アイドルグループのコンサート、スポーツイベント、大きな催しのもなどが近くである場合のチェックして、金額を変えているそうです。

だからなんですね。

最近、仕事で福岡に行くとき金額が高かったりやすかったりするのはこのためだったんですね。

満室が近いと部屋の料金が上がっていたわけですね(苦笑)

早く予約しなければいけないわけです、最近はアパホテル以外のホテルもこれ取り入れていますね。

TVでも紹介していましたがアパホテル、結構な金額でアップダウンしております。

昨年との比較とイベント情報をもとに予想に合わせて客室の値段が変わっていたんですね。

ただ、説明していただいた支配人は外すことが多いと謙遜されていました。

次に紹介された、トリプル・ダブリュー・ジャパンという会社

この会社は、おしっこがあと何分で出るかを予想する機械をレンタルする会社です。

ただ、これって商売になるのと思っていたら、介護業界で注目されているそうです。

「え?」

と思っていたら、やはり自分でトイレはしたいわけです。オムツではなくて、プライドでしょうね。

それを教えてくれるのがこの機械、だれだれさんのトイレを補助してくださいとタブレットでおしえていました。

社長の中西 敦士さん、なぜ、この機械を開発しようかというと・・・

社長の恥ずかしい部分だと思ったので、ここで書いていいものかと思って、HPを検索したらトップページにその恥ずかしい話が書かれていましたので、ご紹介!HPより

その時、前に進むべきか後ろに戻るべきか、
絶望の縁で私はこう思いました。

「家を出る前に分っていれば、漏らすことは無かった。」

DFreeがあれば、あの時私は一歩踏み出せたと思います。

我々は、世界の皆さんの生活を一歩進める商品として、
DFreeを開発しています。

DFree HP

会社のHPなのですが、きれいすぎて(かっこよすぎて)わかりづらい(笑)

マウスでずーとスクロールしないと何の会社かわからない!

分かってもよくわからない。

TVではおしっこのする時期を教えてくれる商品を紹介しておりました。

1台1か月 6000円から1万円のレンタルとなるそうです。

そして中西 敦士 社長1000万台の目標を目指しているそうです。

これまた大きく出たなと思ったのですが、30か国で問い合わせがあるそうなので、もしかしたら実現するかも?

そして、この商品、これからはこのような方に重宝されるかもしれません。

トイレのタイミングですので、電車やバスの運転手さんなどにはいいのではないでしょうか?

かなり、長時間運転しないといけませんので、事前に分かれば助かるかも知れまん。

最後はお弁当屋さん 玉子屋さん

お弁当屋さん「玉子屋」さんが紹介されました。

お弁当屋さんで予想して利益に関係するとなると、天気かなと思ってしまいます。

子供の運動会などはもろに響くような気がします。

近くのスーパーなどでは雨の場合解約ができるシステムを取っているので、もし運動会などの日に雨になると、総菜が3割引きで売られています。

それでも結構いい値段なんですけどね。

話をもどして「玉子屋」さんの話へ

1975年に創業!外見が可愛いというか奇抜な会社です。

1日大体60000食、作られているそうです。

1つの弁当が450円との事でしたから、1日27000000円の売り上げなんですね。

ただ、宅配用の弁当は午前9時から午前10時までしか受け付けないのにその数とは

ただ、朝9時から10時までの間に注文を受けてそれから作り出していては、当然 間に合わない。

それで、前日に工場長が明日作る数を決めて作っているそうです。

工場長30年のベテランとの事でめちゃくちゃすごかったです。

取材の日は曇り→曇りだからオフィスでご飯を食べる→注文が増える

という事で随時、数を微調整されていました。

配達員も事前に数を聞いたり社員一丸となって明日でる数を予想していました。

菅原勇一郎社長の一言、

「こればかりはシステム化できない、人が機械を上回っているんですよ」

と誇らしく話されていたのが印象的でした。

スタジオでは工場長のすごさを驚かれていました。

取材の日のロスは150個余り、61300個作っての150個余りってどれだけすごいのでしょう。

先週のファミマ戦略

早速、ファミマで串を買っちゃいました。

普段、買わないのでどこがどう変わったかは全くわかりません(笑)

普段買わない私がTVを見て、買ってしまう!

完全にファミリーマートの手法にやられています(笑)

そして、接客の様子を見てしまいますね!

正直、どこがどう違うんだろうと(苦笑)
これは、その人によってかなり違いますね。

若い女の子はできるけど若い男の子はダメですね。

あ、あと60歳くらいの方もダメでしたね。

コンビニの接客はどうやら女性の方が向いているような気がします。

男性陣はすぐに嫌な顔が露骨にでますので

あ、私の周りだけかもしれないし、私がそういう風にみているからかもしれませんね。

先週のがっちりマンデー

がっちりマンデー!ファミマを番組で紹介。コンビニで何の秘密があるの?今のファミマの社長の顔

先週の放送から、代表取締役社長の澤田貴司さんがカッコいいと言われていました。

確かに、ワイルドな感じが漂う社長でした。若いころはかなり持てたのでしょうね。

今週の予想ビジネスでの工夫が楽しみです。