がっちりマンデー!その県だけでの儲かりエンターテインメント!他の県ではもうからない?

2017年7月9日放送のがっちりマンデーは、その県だから商売が成り立つという特集!
他の県では儲からない?
そもそも、そんなビジネスがないという場合もありますからね!
そんなその県だけの儲かるビジネスをご紹介します。
しかも、エンターテインメント
ゲストは、吉岡里帆さん

スポンサーリンク

滋賀県でその県だけで儲かるエンターテインメント

滋賀県では、あれが見れる絶景スポットに登ります。
登というとロープウェイ?
滋賀県であれというと「琵琶湖」しかないですよね。
その琵琶湖を一望できるのが、「びわ湖バレイ」です。
絶景と一緒に山遊びができるすごい場所になります。

標高1,100メートルの山頂ではジップラインやカイウォーカーなどのアクティビティが待っています。
ジップラインとは全7コース!7つの絶景!7つの絶叫という、森の中に張り巡らされた7本のロープを滑車で滑り降りる絶景・絶叫アドベンチャー
スカイウォークとは揺れる足場、つかまるところもないスリルを感じながら、自分の足ですすむアクティビティです。

どちらも、海外ならありそうなアクティビティですが、日本にもあるんですね。
驚きです。
びわ湖バレイのHPは下から他にもテラスが素敵です。
びわ湖バレイ
4月から11月の営業で年間30万人の方が来場されているそうです。
こちらに遊びに来られる理由は、子供に戻って遊ぶことが出来るからという意見もあります。
朝から来て、夕方に帰るにはちょうどいい遊びになるようです。

番組でもう一つ取り上げていたのがラ コリーナ近江八幡さん

ラ コリーナ近江八幡さんのHPはこちら

ラ コリーナ近江八幡さんはお店だけでなく庭?外で子供が遊べるようになっているという広さがかなり広い。
こちらは、年間213万にの来場者との事です。
山本社長は店内を徘徊ではなく、周りを見渡して生の声を収集しているという事で、映像ではかなり不審者のように撮られていました。
でも、商売をするにあたって、生の声は大事ですよね。
アンケート用紙を書かせるだけのお店とトップ自ら生の声を聞いているのでは、内容が全然違いますし、改善するまでの時間も又違いますよね。
真剣さが違うわけです。

まとめると滋賀県民は滋賀県ですべてまかなえるのもありますが、滋賀県、そしてびわ湖をこよなく愛しているようです。

和歌山県でその県だけで儲かるエンターテインメント

シニアがキラキラ衣装を身にまとい、スポットライトを浴びて歌う!
でも観客はシーンとしているのって

歌のチャンピオンを決める大会の予選だからだと思います。
「カラオケ大国の和歌山県」
まずはカラオケボックスで審査され、次はカラオケスタジオで
最後にカラオケ大会での審査、そして優勝が決まるという画期的なシステム
しかも、衣装もかなりのものに着替えて歌うようです。
和歌山県ではカラオケボックスは発表する場、教える場、楽しむ場となっているようです。
ビジネスチャンスだった訳ですね。

このきっかけになったのが、カラオケ道場というTV番組だそうです。
TV番組が後押ししているとは何とも素晴らしいですね。

和歌山県がカラオケボックス数が人口の割に多いのもうなずけます。
全国10万人当たりの店舗数で平成21年調査に続き26年もダントツの1位だったそうです。
(総務省の調べから)

がっちりマンデーで紹介されていた「きはるさん」年間1500人もカラオケに来ると言いますからビックリです。というのもそれほど店内が広くないからなんですね。
それなのにこれだけの集客ができるとは本当にビックリです。
その集客方法が、有名な歌手をお店に呼ぶという事も一つのようでした。
歌手をお店に呼べるというだけですごいことのような気もしますが。

和歌山県はみかんが有名だそうですが、これからはカラオケの数でも有名になるかもしれませんね。

ゲストに吉岡里帆さんが来ている!

吉岡里帆さんが今回ゲストで呼ばれております。こんな顔の子です。

経済の話とはかけ離れた彼女がゲスト出来ている理由はこちら

日曜劇場『ごめん 愛してる』は7月9日日曜よる9時~(初回25分拡大)が夜に放送されるからなんですね。

普段は女優さんなんて出演しないがっちりマンデー!

花を添えることでしょう。

ドラマではセリフがあるのでばっちり話されていますが、セリフが用意されていない場合、吉岡里帆さんはどのような話し方になるのでしょうか?気になります。

「ごめん、愛してる」のあらすじとネタバレ!韓国ドラマでの最終回はどんな感じ?

まとめ

その県ならではの儲かりの仕組みってありますね。
今回紹介した、カラオケのシステムなんて画期的です。
どこでもできそうな気がしますが、一人ではできません。
楽しさからそれが仕事へと結びついたとても素晴らしいものではないでしょうか。

今回の放送を見て思ったのが、地道に努力して大きな結果につながっている気がします。
スポーツジムの話などは、学校の体育館を再利用していましたし、びわ湖バレイは冬のスキーでにぎわうのをどうにかして、夏にも来場してもらえるように工夫しておりますからね。
カラオケのきはるさん(きはるさんだけではなく)はTVとのタイアップで、しかも地道な営業活動でがっちりと言っているような気がします。

どのような仕事もチャンスはあるんですね。