連続テレビ小説「わろてんか」あらすじ、ネタバレ 追加出演者発表!

 10月2日からはじまる朝ドラ「わろてんか」どんなドラマになるか楽しみです。大阪編での出演者が発表されますます期待が膨らみます。では、この後、詳しく出演者を紹介していきます。

スポンサーリンク

大阪編新しい出演者の紹介

寄席の元席主役 亀井庄助(内場勝則さん)

 経営不振で廃業した寄席の元席主。てん(葵わかなさん)と藤吉(松坂桃李さん)が寄席を売って欲しいと言っても亀井庄助(内場勝則さん)は、全く相手をしない、しかし、てんとと接している間に二人の思いを知り、愛着ある寄席を二人に託していなくなる役を演じる。と亀井庄助(内場勝則さん)はいなくなる予定だったそうですが、なぜか後日、現れるとの事

藤吉のいいなずけ 杉田楓(岡本玲さん)

 

 藤吉の母 北村啄子(鈴木京香さん)が勝手に決めたいいなずけ!船場の大店の娘で商才があり非の打ちどころがない女性だが、いろいろな面で冷徹な面がある。
 その理由は「結婚に愛情は不要だ」と言い放つ場面があるそうです。しかし、てん(葵わかなさん)との出会いで、徐々に自分の本心と向き合うようになり、楓は変わっていくそうです。

 ドラマの中で、かなりてん(葵わかなさん)にきついことを言うんでしょうね。

まとめとあらすじ

 今回発表されましたお二人、かなり主人公を悩ませる方々になるようですね。朝ドラにはあるまじき「ドロドロ感」をどこまで表現切るのでしょうか?
 昔は「おしん」のようにいじめるドラマもありましたが、最近はいじめを入れながらそれでいて、温和な感じを見せるという思いっきり真逆の内容をどうにか表現するという難しいことを要求されるのでしょうね。

「わろてんか」朝ドラの大阪編のキャスト、主人公に大きな影響を与える人々は誰が演じる?