250キロが意味するものは?北朝鮮がまたもミサイル発射!

 たまには緊急性のある話題を 

 今日、また、北朝鮮からミサイル発射が確認されたそうです。しばらく、ミサイルの発射が確認できたいませんでしたので安心していたのですけどね

スポンサーリンク



250キロとはどれくらいの距離なのでしょうか?

 いつも思うのですが、報道があってすぐに着弾している計算になります。Jアラートは今回活躍したかわかりませんが、短距離用のミサイルを発射したようですね。

 日本海側に落ちたのではないかと言われていますが、日本海側の方は落ち着かないでしょうね、と言うか、現在、日本どこでも落ちておかしくない状態ですので本当に不安ですね。

 言い方は悪いのですが、売ってきたミサイルとアメリカ空母で撃破しましたというニュースが流れたら、間違いなく、アメリカ軍のすごさを世界に知らしめることになるでしょう。

 

 地図で見ると本当に今回は短距離ミサイルだったようですね、一安心です。

今後、北朝鮮はどうしたいのか?

 個人的な意見になりますが、これから、北朝鮮はどうしたいのでしょうか?国民をどんどん兵士として雇い入れ、いつでも戦争できますよというアピールをしています。つまり、アメリカが経済制裁を解除しないとお金が持たないという考え方ができるわけですが、そろそろ本当にお金がないのでしょうか?

 今回、打ったミサイルは今まででも小さい短距離ミサイルのようです、だから、大丈夫と言う考えより、北朝鮮は本当に撃つ用意があると言うのを世界に示しているのではないかと思ってしまいます。

 どこか北朝鮮と話し合いを持てる国はないのでしょうかね?

グアムに撃ったらどうなる

 前回のミサイル発射で、北朝鮮は弾道ミサイルを完成させて極端な話、アメリカ本土まで届くミサイル開発を成功させたとアピールしています。問題は狙ったところに飛んでいくのかがいまだにわかりませんが、距離的な問題は解決しております。

 かたや迎撃しなくてはいけないアメリカ軍ですが、このような実例がないのもありますが、いまだに迎撃できたというニュースは入ってきておりません。当たり前です、打ち返していませんので!

 しかし、これがアメリカの土地、グアムに向けて発射されたとなったらそうは言ってられないはずです。当然、迎撃ミサイルで撃ち落とすのではないでしょうか?そのために要所要所にミサイルを配備されていますよね!

ここからは本当に個人的な意見

 もし、北朝鮮が弾道ミサイルを撃ったら、ジェットエンジン搭載のヘリでミサイルをピンポイントで迎撃すれば間違いないのではないかと思います、個人的な意見ですからね。理由は昔、TVでエアーウルフというアメリカのTVを見ていたからそう思ってしまうのですが、F系は戦闘機などには対応できそうですが大陸間弾道ミサイルとなると狙いを定めるのが難しいような気がしてしまいます。

 そして、トランプ大統領はもし、撃っても一発目で報復して欲しくはありません。ただ、グアムに落ちて甚大な被害が出てしまったら許せませんが、迎撃ミサイルなどで途中で撃ち落とせたのでしたら、一度は見逃すほどの寛大さが欲しいです。二度はないですけど、一度はこらえて欲しいです。

 理由として一番は、やはり、アメリカが報復をするとなると戦争になります。そして、今回のような北朝鮮の場合、トップが恐怖で洗脳しているように思えるので、非のない北朝鮮の方がなくなると、昔の日本のように思えてなりません。情報操作とはよく言いますが、知る権利がない方々が犠牲になるのはどうかと思ってしまいます。

 あくまで個人的な意見ですので申し訳ありません。私は戦争経験がありませんが、絶対にしてはいけないものと思っております。その一番の理由は一番弱いものから犠牲になるからです。

 どうにか戦争回避の道を選んで欲しいものです。

少し前に書いた記事ですが、

ついに日本の排他的経済水域に着弾!どうする日本、そんな中猪瀬直樹(前都知事)が

スポンサーサイト




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする