朝ドラわろてんかのモデルとなる吉本創業者の吉本せいの特別展が10月3日から大阪で

 ついに来週から、ひよっこからわろてんかへとバトンタッチですね。
 ひよっこもどんどん最終回へ向けてラストスパートですが、新しいわろてんかも負けておりません。

スポンサーリンク

吉本せいさんの特別展が公開されます

 大阪商工会議所がわろてんかのモデルとなっている吉本せいさんの特別展を朝ドラわろてんかの放送開始にあわせて、10月3日から特別展を開催します。

 吉本興業創業者吉本せいさん(1889年~1950年)の特別展を大阪市中央区の大阪企業家ミュージアムで公開され、公開期間は来年1月31日までとなっておりますから、結構、長い間公開しております。

 わろてんかの世界観を一足先に知るにはいい機会かもしれませんね。

吉本せいさんの特別展では何が見れるの

 吉本せいさんは米穀商の娘として生まれて、大正元(1912)年に大阪市で寄席の経営を始めた、当時、吉本せいさんは次から次へと演劇場を経営の傘下に収めていくわけですが、その時に使われていた名刺などを展示するそうです。

 名刺はレプリカではなく実際に配っていたものというので時代を感じるはずです。

 特別展では、吉本せいさんのこれまでのいきさつをパネルとゆかりの品物を展示し、吉本せいさんが愛用していた化粧箱も展示するそうです。

 吉本せいさんの特別展の見学料は大人300円となります。

ツイッターでの吉本せいさんの反応

ドラマになるくらいの波乱万丈だったようですね

モデルはいるのですが、そのままではないと言われております

まとめ

 現在、まだ朝ドラのわろてんかが始まっておりませんので一概には言えませんが、主人公のてん(葵わかなさん)の笑い顔のシーンがたくさん見れそうです。

 わろてんかの他の情報はこちらから

朝ドラ「わろてんか」あらすじ・ネタバレ 新しい情報が入ったら更新!