弾道ミサイル落下時の行動について書いていきます!

スポンサーリンク

弾道ミサイル落下時の行動について書いていきます!

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
最短で10分から23分と言われております。

今回、かなり近いところからの発射が考えられるからですね
速さは、ミサイルですからジョット機と同じくらいかなと

どうすればいち早く情報を手に入れることができるのか?

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、
Jアラートを活用して、
防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、
緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

いかに早く情報を知るかがカギになります。
ほとんどの方が撃たれた、光った!
という流れになってしまうでしょうから
下に最新情報を手に入れるサイトを掲載しておきます。

首相官邸
ホームページ
http://www.cas.go.jp/

Twitterアカウント
首相官邸災害・危機管理情報
www.kantei.go.jp/ @Kantei_Saigai

速やかな避難行動!
正確かつ迅速な情報収集が必要となります。

国民保護ポータルサイトでも情報を掲載しております。

行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。
http://www.kokuminhogo.go.jp/shiryou/hogo_manual.html

事前にどのような対応をすべきか考えておきましょう。

ミサイルが発射されたらどのように対応するか
事前に確認しておきましょう。

基本的なことですが書いておきます。

ミサイルが発射され

屋外にいる場合 建物がない場合

物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。
(一番守らなけらばならないのは頭部です)

窓から離れるか、窓のない部屋に移動する。
(爆発したら、窓のそばにいたら窓ガラスの破片でけがをしますので)

屋内にいる場合 落ち着いて、速やかにに行動してください。
避難する準備をしましょう。

もし、近くにミサイル落下!してしまったら

● 屋外にいる場合

口と鼻をハンカチで覆い、
現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。
(ミサイルの中に何が入っているかわかりません、
不用意に空気を吸い込むと、生命の危険があります。
極力空気を吸わないようにしましょう)
● 屋内にいる場合

換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。
(外からの空気に侵入を防ぐためにします)

実際の起きたらどうすればいいのか

とにかく、冷静に今できることをしましょう。
ミサイルがどのようなものなのか
その中身は何なのか
本当にわかりません。
原子力爆弾なのかもしれませんし、化学兵器(サリン)なのかもしれません
しかも、情報が錯乱することは間違いありませんので
慎重にそして迅速に行動しましょう。
行動するには冷静な判断が必要となりますので
あなたも常日頃から起きるかもしれないという考えで行動するといいのかもしれません。