「陸王」緒形敦、サラブレット俳優デビューの経緯は?祖父、父がヤバすぎる。

 陸王が本日、初回、2時間でついに始まります、その豪華な俳優陣の中にまた1人すごい方がいました。
 というか、これからかなりすごいことになるであろう俳優さんが紛れ込んでいました。

スポンサーリンク

陸王とはどんなドラマ

 宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

 そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。

 それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。

 そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、“裸足感覚”を追求したランニングシューズの開発だ。

 しかし、従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。

 新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力?更には、世界的に有名なスポーツブランドとの競争。

 何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。

 果たして、ランニングシューズの開発は成功するのか?

 そしてその先に「こはぜ屋」の未来はあるのか?たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る。

緒形敦さんとはどんな方

緒形敦のプロフィール

生年月日      1996年6月20日
出身地       神奈川県
特技        英語・サッカー・サーフィン
所属事務所     スターダストプロモーション

 お父さんは緒方直人さん、おじいさんは緒形拳さん!ここでビックリしたのが、緒形拳さんが亡くなっていたこと、びっくりしました。

 緒方直人さんの奥さんも仙道敦子さんで有名な女優さんでしたよね。きれいな方だったのを覚えております。

 緒形敦さんの名前の由来は、母の敦子さんと同じ漢字の敦を取られたのではないでしょうか?

 緒形敦さんは祖父、拳さんと父、直人さん譲りの丸い輪郭と鼻筋の通った風貌に、母譲りの優しい目元が特徴的な21歳のイケメンです。

 2世タレントと言われ続けたお父さんですが、3世になるんですね。

緒形敦さんの陸王での役どころは

 主演の役所広司さん扮する老舗足袋業者の社長の息子(山崎賢人さん)の親友役出演される。

 今回のドラマへの意気込みは「命をかけるくらい頑張らないと」と豪華俳優陣との共演に強い覚悟話してくれていました。

 周りに豪華な俳優さんが並びますので、そこでの比較やお父さんお母さんを知っている方からは比べられて、余計に大変でしょうが、ご本人はそれすらも跳ね返すくらい頑張る意気込みが感じられました。

陸王出演に緒方直人さん仙道敦子さんの反応は

 ドラマはの出演でお父さんの緒方直人さんはよかったじゃんと言われ、お母さんの仙道敦子さんはすごく喜んだといわれました。

 お父さんはどんな気持ちで息子が俳優になることを考えているのでしょうね。

 ただ、お二人に似て甘いマスクをお持ちですから、これからTVの画面から見れる日を楽しみにしております、個人的に緒方直人さんの演技は好きでしたので、息子さんの演技も楽しみにしております。

まとめ

 今日から始まる陸王ですが、もしかしたらまだ、何か仕込んでいるかもしれませんね。

 竹内涼真さんの活躍で山﨑賢人さんがかすんでおりますが、ドラマの中では山﨑賢人さんの出番が多いでしょうから、イケメンのすごさを陸王では見せつけてくれるはずです。

 その中に緒形敦さんが割って入るわけですので、本当、演技に注目です。

陸王のまとめ記事になります