先に生まれただけの僕の1話のネタバレと2話のあらすじ、最後に出た男の子はだれ?

 いや~ドラマを見てまず思ったのが、こんなカッコいい校長先生はいない。これだけで生徒の志願者数は増えること間違いなしだと思います。

 そして、鳴海 涼介(櫻井翔さん)の言っていることも正しい、こんなことを教えてくれる先生なんて、3年間で出会わなかったな~

スポンサーリンク

先にうまれただけの僕のキャスト

鳴海 涼介櫻井翔さん)
真柴 ちひろ(蒼井優さん)
松原 聡子(多部未華子さん)
島津智一(瀬戸康史さん)
柏木文夫(風間杜夫さん)
矢部日菜子(森川葵さん)
市村薫(木南晴夏さん)
及川祐二(木下ほうかさん)
河原崎孝太郎(池田鉄洋さん)
郷原達輝(荒川良々さん)
杉山文恵(秋山菜津子さん)
綾野沙織(井川遥さん)
加賀屋圭介(高嶋政伸さん)
後藤田圭(平山浩行さん)
香坂友梨子(松本まりかさん)

先に生まれただけの僕の第1話のネタバレと感想

 鳴海 涼介(櫻井翔さん)は、新任としていきなり校長の席に着くこととなり、先生みんなと面談をするところからドラマは始まります。

 ちょっとびっくりな展開でした。

 そして、所々で1ヶ月前の話に戻り、なんで校長先生をすることになったかを教えてくれています。

 現在と過去の交互に出して、話をつなげていくストーリーですね。

 一ヶ月前は青森の子会社の赤字経営を2年かけて立て直したが、いきなり東京に戻ってくるように言われる。

 営業はコミュニティ能力という鳴海 涼介(櫻井翔さん)、間違いではない。かなり核心をついています。
 

 実は鳴海 涼介(櫻井翔さん)を可愛がっていた上司が失脚して、左遷されることになったらしい。

 
 しかも、左遷先が学校の校長先生というから何とも言えない。

 また、学校に戻り、副校長の柏木文夫(風間杜夫さん)に校長の席はどうですかと聞かれる。

 完全に経営側と学校の先生の考え方の違いを涼介(櫻井翔さん)は知らされる。

 現実問題、先生方に経営の話をしても分からないですよね、塾の先生はその点すごくわかっている、全然違いますもんね。

 新学期が始まり、HRで新しい校長先生が来ることを話す真柴ちひろ(蒼井優さん)、みんなを体育館に集める。

 そこに新しい校長先生として涼介(櫻井翔さん)があらわれ、生徒がざわつく

 校長先生のあいさつで、日本で一番若い校長ではないかといい、校長先生の話は長いのでこれでおしまいと言って壇上をおります。

 これは、確かに思います、長いうえに落ちは何だったんだろうという校長先生、生徒が倒れても話をやめない校長先生もいましたね。

 生徒は面白い校長先生が来たと持ちきりに

 職員室では涼介(櫻井翔さん)への不平不満が出ております。

 涼介(櫻井翔さん)は松原聡子(多部未華子さん)とのデート、せっかく遠距離が終わったのに楽しそうにしないので、松原聡子(多部未華子さん)ちょっと意地悪を言います。

 多部未華子さん、きれいになりましたよね~

 
 涼介(櫻井翔さん)は銀行に追加融資のお願いに行きます、しかし、銀行は渋い返事しかしません。

 そりゃ~つぶれそうな学校に融資してくれるはずがありせんよね。

 人気校にすれば、お金を貸しますよ見たいな話しになっていきます。

 真柴ちひろ(蒼井優さん)と涼介(櫻井翔さん)が営業に回ることになりました。
 

 真柴ちひろ(蒼井優さん)は特進クラスを受け持っているので、一緒に営業に行くことになったのですが、散々なことを言われて撃沈

 中学校では私立京明館高校は完全に滑り止めで、わざわざその学校に行きたいという子はいないと言われる。

 
 学校の偏差値をもっと上げないと子供たちに薦められないと言われる。
 

 塾では学校に個性がないと言われる。
 

 確かに学校教育をする場合、私が立て直しをするとしたら、進学校にしますね、間違いなく。

 学校の先生には現場を知らないと涼介(櫻井翔さん)は言われる。

 これでは、八方ふさがりですよね。

 そこで涼介(櫻井翔さん)は学校の授業中を見て回る、生徒が寝ているのはよく見るが、先生まで寝ていた!

 先生が寝ているのが衝撃的でしたね。

 保健室で涼介(櫻井翔さん)が胃薬をもらおうとすると処方箋は出せないので、胃薬はないと言われる。

 前の校長はメンタルをやられて、全校生徒の前で倒れたといわれる。

 恐ろしいですね。

 涼介(櫻井翔さん)が本社に呼び出される。長い廊下です、すごい会社です。

 加賀谷圭介(高嶋政伸さん)が涼介(櫻井翔さん)をけちょんけちょんにけなします、面と向かってこれだけ言えればすごいです。

 ネットでの評価も高嶋政伸さんの演技のすごさを書かれている方が多い。

 そして涼介(櫻井翔さん)は言われます。

 高校を黒字にすること、お前の不祥事は会社の不祥事になるので絶対に不祥事を起こすなと
左遷させたのは加賀谷圭介(高嶋政伸さん)だったようです。

 高嶋政伸さんの演技が、このドラマの見どころの一つになりそうです。

 そして、元上司が線路から足を踏み外してけがをして、入院していることを知らされる。
 

 松原聡子(多部未華子さん)も同じ会社だったんですね。元上司の入院先などを調べてもらいます。

 上司を見舞う涼介(櫻井翔さん)、その帰りに学校の生徒とすれ違う、加瀬龍之介(佐久間悠くん)なんですね。

 翌日、学校でケンカが起きる、先生たちがとめるがなかなか止まらない。

 真柴ちひろ(蒼井優さん)が生徒に訳を聞こうとする、相手の子はお父さんの心配をしているだけだといっているが本当かと

 加瀬龍之介(佐久間悠くん)のお父さんがくも膜下出血で倒れたという話だった、仕事もできるかどうかわからない状態で大学に行ってもいいのだろうかと?

 お母さんは大学に行ってもいいといっていると、ちひろ(蒼井優さん)は奨学金制度もあるからと話をする。

 実家の久しぶりに電話する涼介(櫻井翔さん)

 高校の時、自分もお父さんを亡くしていてどうやって大学に行くことを決めたかを聞きたかったようだ。

 その時、母親から言われたのは担任の先生が大学をすすめてくれたとの事だった。

 4時から職員会議をするというのに集まらない先生たち

 涼介(櫻井翔さん)はこれが会社ならありえないという、そこで言われる。

 涼介(櫻井翔さん)を先生たちは単なる管理職としか思っていないと

 まさしくそうなんでしょうね、学校というところは

 職員会議で涼介(櫻井翔さん)はもっと社会のことを学校教育に取り入れるべきではないかという。

 その一つが奨学金制度の詳しい説明をはなすが、真柴ちひろ(蒼井優さん)に生徒を増やしたいんではないのかと言われる。

 しかし、他の先生にも奨学金制度のことぐらいは知っているといわれ、涼介(櫻井翔さん)が言いたいことは伝わらない。

 涼介(櫻井翔さん)は学校経営は普通の会社経営と同じだという。

 生徒はクライアントで親は株主だという

 そういうとなぜか先生たちはリストラを心配しだす。

 真柴ちひろ(蒼井優さん)は校長先生はビジネスを考える人で私たちは生徒のことを考えるのが仕事だと言い出す。

 この話を聞いていた昨日の龍之介(佐久間悠くん)は心配する。

 そして、この龍之介(佐久間悠くん)に自分のことを話し出す

 昨日は真柴ちひろ(蒼井優さん)が奨学金制度の話をしたけど、よく考えて欲しいと

 実際に大学を卒業してからの支払いが結構きつかったと、ただ、大学は行っていろいろなことを学んで欲しいと

 これからの激動の世界を切る抜けるだけのスキルを手に入れて欲しいと

 しか~し加瀬龍之介(佐久間悠くん)からは

 「そんな話は聞きたくなかったと」

 涼介(櫻井翔さん)が最後え~というところで終わります。

 真柴ちひろ(蒼井優さん)にダメ出しのように所詮高校生と言っても子供なんだからと

 第1話を見ての感想ですが、本当に学校ってこんな感じなんだろうなと思います。私はどちらかと言うと涼介(櫻井翔さん)側にいるので、どうしても、このようなドラマですと辛口になってしまいます。

 自分が、いい先生に当たらなかったのも一つの要因ではあるんでしょうけどね。

先に生まれただけの僕の第2話のあらすじ

 教育の現場を知らない校長として、職員室内で反発を受ける鳴海(櫻井翔さん)

 そんな中、鳴海(櫻井翔さん)は奨学金を受給する事の覚悟を説いて聞かせた生徒が学校を休んでいると分かり、不登校になったのではないかと気が気では無くなる。

 

 さらに、沙織(井川遥さん)からは、腹痛を訴えて保健室に毎日通っている生徒のことを聞かされる。

 鳴海(櫻井翔さん)はその生徒の担任である及川(木下ほうかさん)にケアをするよう指示するが、彼は取り合おうとしない。

 そして、この生徒が抱えていた悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた。

佐久間悠くん第1話の最後で大活躍!

  バッチリ、問題定義もしてくれて、最後

「そうですね。校長先生」

 というのかと思ったら、真逆のそんな話聞きたくなかったと言い放つ迫真の演技!

  これからが楽しみな逸材です。こんな動画を見つけました。

 佐久間悠くんが気になった方はこちらを

 第1話でちょっと出でしたが、第2話でも、学校に出てこない子として登場します。

 今度はどんな演技を見せてくれるのでしょうか?

先に生まれただけの僕を見逃した場合どうすれば

 先に生まれただけの僕は日本テレビさんで放送されていますので、日テレの動画配信サービスで、10月21日午後21時59分まで無料で第1話を見ることができます。

 第2話と少しかぶっているところがありますので、ぜひ、見ておくことをオススメします。

 高嶋政伸さんのいやらしい怒り方は、櫻井翔さんのファンから不幸の手紙が届くことでしょう。それ程、すごかったです。