山口真由さん、森友学園問題をいろいろな角度から攻めております。

森友学園の問題未だ決着がみえません。
そんな中、一人の女性がメディアで暴露しております。

スポンサーリンク

山口真由さん、森友学園問題をいろいろな角度から攻めております。

実際問題、森友学園が民事再生法を申請したので
この話は終わりそうなのですが
このような話が出ると
「おろ?」
となってしまいます。

森友ファイル実は温存?
初めから財務省がないないと言っていたファイルですが
実はあるんだという話です!
下々の私はあったから生活が良くなるという話ではないですが
生活が良かった方が転落する恐れがあるわけで

逆ですね、私とは
本当にあったら、何人の方が被害を被るのでしょう?
考えものですね。

こんな記事もあります。
結局、あるんかい?ないんかい?
といいたくなる話なのですが
この話にメスを入れたのが
山口真由さん

ワイドショーでかなり切り込んだ発言をされているようです。
ネットではかなり批判的な話が出ておりますが
それは致し方ないでしょう

きれいで頭がいい
文句しかいいたくありません(笑)

ただ、本当に山口真由さんの言われていることが正しいとしたら・・・
違う意味で「日本沈没」になったりして

山口真由さんとはこのような方


山口真由さん
東京大学法学部を首席で卒業し、
現在は弁護士やタレントとしてご活躍されている方
大学は東大法学部。
3年の時に司法試験に合格し、
翌年には国家公務員Ⅰ種にも合格。
学業成績は東大4年間を通じてオール優、
4年のときに「法学部における成績優秀者」として総長賞を受け、
’06年に首席で卒業すると、財務省に入省。
主税局勤務ののち、’08年に退職し、
翌年、弁護士登録して現在にいたる—。
すごい経歴を持たれた方なんですね。
恐れ入ります。

しかもスレンダー美人ときております。

山口真由さんというと勉強法が有名!その勉強法を少しだけ

山口真由さんが中学生の時からずっと行ってきた勉強法が
「7回読み」という勉強法。
このやり方を見てみたら、
身近にいるいわゆる「できる人達」も、
同じようなやり方をしていることがわかりました。

山口真由さんがいうには

「私の勉強法はこうです。
たとえば、教科書や副読本などは7回読みます。
7回読めば、だいたい覚えられるものです。
ことさら暗記しようとせずに、7回読めば、
最後は本を見なくても思考をたどれるようになります。

ただし、司法試験の勉強では40回は読みました。
勉強というより精神修養ですね。
一日に19時間半勉強しましたから。
睡眠は3時間。
食事は一回20分が3回で、入浴が30分。
洗面器に水を張っておいて、眠くなると足を入れて眠気を吹き飛ばすんです。
幻聴を経験したのもそのころでした。
努力では誰にも負けません」

頭がいいだけではなく、根性も半端ないんですね。
脱帽です。

もし、お子さんの勉強方法で悩まれているのでしたら
それほど難しいことではないので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする