元・乃木坂46 橋本奈々未さんを「私物化」するレコード会社取締役て本当?

突然、意味深な情報が舞い込んできました!

本当?嘘?ファンなら嘘であって欲しい話です。

スポンサーサイト



元・乃木坂46 橋本奈々未さんを「私物化」するレコード会社取締役て本当?

大手レコード会社「ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)」の取締役、
村松俊亮氏さん(53)が、アイドルグループ「乃木坂46」を
今年2月に卒業したばかりの人気メンバー・橋本奈々未さん(24)と、
卒業後も密会を繰り返していたことが「週刊文春」の取材でわかった。
村松さんが橋本さんを送り、橋本さんの自宅マンションの建物内に入る姿も複数回確認している。


乃木坂46はSMEグループのレーベルからCDをリリースしている。
メンバー全員が事務所「乃木坂46合同会社」に所属。
この会社は、村松さんが今年3月まで社長を務めた
「ソニー・ミュージックレーベルズ」
とAKBグループを運営するAKSの関連会社
「ノース・リバー」
の2社によって構成されている。
村松さんは合同会社の初代代表であり、昨年末までその職責にあった。
「週刊文春」記者が村松さんを直撃取材した。

――引退した橋本さんになぜ会っているのですか?

「本人がその(芸能界引退の)あとに、希望で芸能関係の裏方の仕事をする予定だと」

――私物化との指摘もありますが

「まったくありません」

2人はどんな関係なのか。
詳しくは4月26日(水)発売の「週刊文春」5月4・11日GW特大号で明らかに。

元・乃木坂46橋本奈々未さん、最後の写真集・ランジェリー撮影でハプニング

2017年
乃木坂46からの卒業と芸能界引退を発表している橋本奈々未さん

ランジェリー撮影でホックが…

まさに橋本の陶器のような白い肌が映える、
ネイビーのランジェリーは、
スタイリストさんが日本で購入したものを撮影地のニューヨークまで持参。

しかし、撮影のタイミングで、
ホックが壊れていたことが発覚!
「着れない、だけどどうしてもそれが良かったから、
そうしたら、頑張って衣装さんが直してくれて」
といい、
「壊れた下着を直すことって人生で無くない?
だけどなんとかスタイリストさんの頑張りで無事に撮影を終えることが出来ました」
と、スタッフの努力に称賛を送った。

タイトルの「2017」は秋元康総合プロデューサーが命名。
いくつか候補があった中から橋本さんが選んだといい、
その理由を

「今までの6年間に終止符を打つ年でもあるし、
ここから私は自分で決めた新しい道に歩んでいく」

と、2017年が橋本さんにとって大事な年になるため、
と説明。そして

「自分がいつか将来見返したときに『これ2017年だったかあ』と思えたら素敵だし、
ファンの皆さんもいつか見たときに『あの子のこと好きだったときは2017年だったか』
と思い出してもらえると素敵だなって」

としみじみと思いを明かした。

撮影は、真冬のニューヨークで実施。
冬のマンハッタンからブルックリンを巡りながら、
二度と会えない橋本さんの笑顔、そして素顔に迫る。

橋本 奈々未さんのプロフィール

愛称 ななみん
生年月日 1993年2月20日
出身地     北海道旭川市
血液型     B型
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 163 cm / ― kg
靴のサイズ 23.5 cm

活動
デビュー 2011年
モデル内容 CanCam 乃木坂46(2011年 – 2017年)
他の活動 歌手・女優・タレント
モデル:     テンプレート – カテゴ
明日発売の週刊文春でどのように取り上げられているか
真相はどうなのか?
疑問符がたくさんある話でした。