三瓶宏志アナが双大竜の引退会見で号泣!泣いてしまったわけは??

 今日、両国国技館で引退会見が行われたようです。

 入門される方もいれば、お辞めになられる方もいます。

 どんな世界でもあることですね。

スポンサーリンク

双大竜とはどんなお相撲さん!

 双大竜亮三(ソウタイリュウリョウゾウ)

 生年月日    1982年7月26日

現在は35歳です(平成30年1月16日現在)

 身長      179センチ

 体重       126 kg

 血液型      A型

 双大竜 亮三さんは、福島県福島市出身の大相撲力士になります。

 時津風部屋所属に所属して。

 最高位は西前頭15枚目にまで上り詰めました。

三瓶宏志アナと双大竜の関係は

 三瓶宏志アナと双大竜の関係は、同じ出身地なんですね。

 同じ福島県出身です、そうですね。2011年の東日本大震災で故郷が大変になった地域です。

 やはり、あのような大震災を経験すると当然、仲間意識が出てくるものだと思います。

三瓶宏志アナが双大竜の引退会見では

 会見で代表質問をされた三瓶宏志アナが思わず号泣する場面がありました。

 引退した双大竜が16日、両国国技館で会見をし、双大竜が13年の土俵生活を振り返っている間に、故郷を襲った2011年の東日本大震災のことに話がいきました。

 「被災した方々に精いっぱい、相撲を取っている姿を見せたい、という気持ちがありました」

 これを聞いていた、三瓶宏志アナは声を詰まらせ質問ができなくなり。

 やがて流れ出した涙を見て、今度は対面していた双大竜ももらい泣きになってしまいました。

 三瓶宏志アナが声を振り絞って

「福島への思いは…」

 と聞かれると、双大竜は目を赤くしながら

 「被災された方々を思って、頑張っていこうという気持ちでした」

 と答えました。

 思い出の場所はどれですかという質問に対しても、再十両を決めた震災直後の5月に行われた技量審査場所を挙げています。

 

 引退を決意したのは

 「負けても悔しくなくなった。9月に、“気力がなくなりました”と師匠に報告しました」

 と引退を決意した理由を説明していました。

双大竜の今後はどうするか

 05年夏場所で初土俵を踏んで。

 最高位は西前頭15枚目(13年春場所)まで上り詰めました。

 今後については

 「相撲で学んだことをいかしていきたい」

 と話しています。

みんなの反応は

 みんな優しいコメントがたくさんです。

 双大竜はみんなに愛されていた力士だったんですね。

まとめ

 最近、色々と悪い方での話題が多い相撲ですが、ほっこりするいい話が舞い込んできました。

 引退は力士にとって失業になってしまいますが、それを惜しんでくれる方がいるというのは、とても喜ばしいいことではないでしょうか?

 個人的に同郷のかたが、TVのような公共の場でやってはいけないことなのかもしれませんが、気持ちが高ぶってしまってそれが出てしまう。

 なんともいいと、個人的に思ったものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする