啓蟄(けいちつ)の2018年はいつ

占い

 啓蟄(けいちつ)って調べられる方はすごいと思います。

 

 私は読めませんでした!けいちつ

 

 啓蟄(けいちつ)とは24節気の一つになります。

スポンサーリンク

啓蟄の2018年はいつですか?

 啓蟄(けいちつ)の日付は毎年、ビミョーに違います。

 

 理由は月の満ち欠けで一年を決める太陰暦では、同じ3月1日と言っても、季節との関連に1カ月近くのズレが生まれてしまいます。

 

 今年2018年の啓蟄(けいちつ)は3月6日になります。

啓蟄の意味

 冬眠していた虫が地中から這い出して来るという意味。毎年3月5日ごろで今年は6日になります。

 

 啓蟄(けいちつ)の漢字は難しいですよね。

 

 啓の感じの意味は、開くという意味があります。そして

 

 蟄は土の中で冬ごもりしている生き物という意味があります。

 

 動物たちも活動を始めるという事ですかね。

啓蟄のみんなの反応

めちゃくちゃでかいですね

知っている方はご存じなんですね!

本当にもうすぐ春なんですかねというくらい雪が降ったりしてますね。
春が来てほしいですね

関係ないかと思います。

まとめ

 啓蟄(けいちつ)が終わると次の24節気は春分になります。

 

 春分の日があるくらいですから、あなたも知っているかと思います。

 

 啓蟄(けいちつ)を改めて調べると、これからのやる気につながりました。

コメント