男性の浴衣の着方の簡単な方法!難しく考えないで!

男性の浴衣の着方って、簡単に着れるのですが、なんだか変な風に着こなしている方も多いかと思います。

たぶん、普通に着ているつもりなのですけどね?

今回はちゃんとした浴衣の着方を簡単に説明していきます

あなたの参考になれば幸いです

スポンサーリンク

男性の浴衣の着方で用意するもの

・ 浴衣 当たり前ですね

・ 角帯

・ 腰ひも

・ タオル(補修用)

浴衣の着方と帯の結び方の動画になります。

男性の浴衣の簡単な着方

① まずは補正用のタオルを腰に巻いて腰ひもで押さえます

② 浴衣をはおります。

③ 背中の中心の縫い目を首の真下にくるように合わせます

④ えりは首にそわせます。

⑤ えり先を持ってから、下前を少し持ち上げながら上前を重ねます。

裾の端を少し上げて巻きます。

⑥ 腰ひもの中心を持ってから、腰骨あたりの高さで前から後ろにまわします。

一締めしてから、前で結びます。

⑦ 前と後ろのしわをとります。

後はカッコいい帯の締め方をしていきましょう!

ここがポイントになるかと思います。

帯の締め方

① 帯を巻き始める方の端を「テ先」といいます。

② テ先を肩幅くらいの長さまで縦半分に折ります。

③ 折った部分が下になるように巻くつけていきます。

④ 3周巻いて、ぎゅっと締めます。

⑤ 手先の反対側の端を「タレ先」といいます。

⑥ タレ先を、テ先と同じ長さになるように内側に折り込みます。

⑦ タレ先をテ先にかぶせて、下から引き抜きます。

⑧ タレ先を下にして、内側に三角に織り上げます。

⑨ できた輪の中にテ先を入れてひっぱります。

⑩ 時計回りに結び目を後ろに回します。

⑪ この時、いけてない着方をしている方は、帯の位置が高い、裾が広がっているなどがあります。

最後にこの2点を確認して完成です。

文章にすると難しそうに感じるかもしれませんが動画で見れば簡単にかっこよく着ることができます。

男性は浴衣を着て、楽しく過ごしましょう!

これからの季節、夏には祭りや花火大会などたくさんのイベントがあります。

そこで彼女を見つけて、一緒に遊びに行けるような関係になれればいいですね。

浴衣というアイテムは男性も女性もかっこよく、かわいく見せるアイテムです。

上手に活用していきましょう。

決して、このようにはならないように気を付けましょうね。

まとめ

最近は浴衣を着る機会も減ってきましたが、花火大会や夏祭りでは男性も浴衣を着るとかっこよく見えますよね。

MIMATSUグループオンラインストアでは浴衣と角帯と下駄の3点セットで税込み7344円で用意されていました!

下駄までコーディネートされているとは、便利ですよね。

MIMATSUグループオンラインストア

新規会員登録することで500ポイントプレゼントしているようですので、実質、男性の浴衣セットが6844円で買えることになりますね!

MIMATSUグループオンラインストアはたくさんの洋服などがありますので、検索窓に「男 浴衣」と入力すると便利です。

大人な感じのシックな浴衣を用意されていたので、ワンランク上の男性に見せることができるかと思います。

ただ、浴衣の着方がダボダボに着ていると、逆にダサく見えてしまいますので気を付けてくださいね。

夏は男性も浴衣を着てかっこよく見せましょう。

関連記事

男性の浴衣の着方!温泉宿では?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする