「ひよっこ」豊子役の藤野涼子、方言がうまいと話題に(ネタバレあり)

いよいよ向島電機編の佳境が近づいていますね。

今日は藤野凉子さんにスポットを当てていこうかと思います。

スポンサーサイト



藤野凉子さんのプロフィール

藤野凉子 ふじのりょうこ

実は私、ふじのきょうこさんと間違って名前を読んでおりました。
恥ずかし~

生年月日      2000年2月2日
出身地       神奈川県
身長        161センチ
血液型       B型
職業        女優

所属事務所     ケイファクトリー

特技        ヒップホップダンス・テニス
趣味        映画鑑賞

ヒップホップダンスって何って思ったので調べてみました。

明確なこれというダンスではないようです、現代風に進化したダンスなんですね。

ヒップホップは自分のスタイルを見せることが目的になるようで、相手や誰よりもカッコよくなければならない、おどりこなして自分のスタイルにする必要があるようです。

あまり作品がないのですが、そのかわりたくさんの賞を受賞されています。

以下が受賞歴になります。

2016年 第39回日本アカデミー賞 新人俳優賞
第70回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞
第11回おおさかシネマフェスティバル 新人女優賞
第25回日本映画批評家大賞 新人女優賞
2015年 第40回報知映画賞 新人賞
第37回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞

本当に期待されている新人さんです。

ソロモンの偽証で主役を演じております

ソロモンの偽証とはどんな作品か知りませんでした。

しかも、1クラス分の生徒役を選ぶために、日本映画史上最大規模のオーディションを開催して選んだそうです。

 

その数が1万人!そのオーディションを勝ち抜いたのが藤野凉子さんでした。

ソロモンの偽証の主演女優の発表の時、藤野凉子さんは14歳の中学3年生、その当時エキストラ以外の演技経験がなく、オーディションも3度目だったそうです。

この作品が藤野凉子さんの代表作になったんですね。

内容は学校内で発生した同級生の転落死の謎を、生徒のみによろ校内裁判で追求しようとする中学生を描いております。舞台は東京都の中学校です。

ひよっこで水着姿を発表?

今週のひよっこで海に行くという話がありました。

その中で藤野凉子さん演じる豊子がかなり恥ずかしがっておりました。

水着はスクール水着にすこし毛が生えたもので、すごい水着ではなかったです。

ちなみに水着は試着もしておりません。

おまけに、海に行く日は生憎の雨・雨・雨

藤野凉子さんの方言が上手い

最近 豊子(藤野凉子さん)の会話の部分が多いのですが、そのたびに違和感なく方言をいわれています。

澄子(松本穂香さん)とのからみが相変わらずおおく、そのたびに方言での喧嘩になるのですがふたりとも自然な演技です。

その中でも澄子(松本穂香さん)はボートして相槌を打つようなシーンが多いのですが、その澄子(松本穂香さん)に喧嘩をふっかけるので当然セリフも多いわけです。

セリフが方言というのは結構たいへんですよね。

その中で、方言が上手いというのはかなり役作りされているのではないでしょうか?

5月25日放送からこれからの話

向島電機の経営悪化が表面化してきました。

給料も1割カット、今の時代にいきなりカットしたら大変なことですよね
会社内で暴動が起きます。

これから年末という季節設定なのにどうなっていくのでしょう?

そして、豊子(藤野凉子さん)が一番先に会社に疑問を持っていましたね。

向島電機は今後どうなるのでしょう?