イッテQ! 宮川アメリカンドック祭りキラキラは出るか?イモトワールドツアー 東ティモールで何をする?

2017年6月4日放送 

番組の内容

今週は宮川大輔さんとイモトアヤコさんの二本立て!

・世界で一番盛り上がるのは何祭り?inアメリカ
  <出演者:宮川大輔さん>

・イモトワールドツアー in東ティモール
  <出演者:イモトアヤコさん>

スポンサーリンク



詳しい内容は

・世界で一番盛り上がるのは何祭り?inアメリカ
 
<出演者:宮川大輔さん>

お祭り男の企画の一つ

年に一度の「恒例」宮川大輔大食いの季節がやって来た!

今回の挑戦は、「アメリカンドッグ大食い大会」です。

名物・アメリカンドッグの大食い大会に参加!
アメリカンドッグが、好物だという宮川大輔さんは当然ヤル気満々です。

が、このアメリカンドッグ、衣がたっぷりついているので食べ始めるとなんとか飲み込むだけで精一杯になります。

宮川大輔さんは、どれだけキラキラを我慢することが出来るのか?が今回の見所になります。

当然、勝敗の行方も気になるところですが・・・・

では、結果発表です。

今回かなり善戦されまして、4位でした!

今年45歳の宮川大輔さん、すごいと思います。

しかし、1位の方12本食べてしかも、通りすがりで優勝とは驚きです。

今回、出場したのも、娘のライブのチケットの足しにしたいからという理由。

これまた驚きでした。

今回の宮川大輔さん、キラキラこそなかったですが、素晴らしい試合をされたと個人的には思います。

・イモトワールドツアー in 東ティモール
  <出演者:イモトアヤコさん>

イモトアヤコさんが訪れたのは105か国目、東南アジアの国・東ティモール。

2002年に独立したばかりの21世紀最初の独立国は、不思議な文化や風習に溢れる未知の国!?

年に一度、海から取れる青色の珍味や、今も農村部に残る「魔術師」の風習など、今イチピンとこない東ティモールのディープな一面をご紹介します!

さらに珍獣・ジュゴンを追って、イモトアヤコさんが美しい東ティモールの海にダイビング!
果たして、ジュゴンとの遭遇なるかが見どころとなります。

東ティモールをもう少し詳しく説明

東ティモールはティモール島をインドネシアと二分した、東側に位置しています(一部飛び地で西側にも東ティモールの領土があります)。

国名:東ティモール民主共和国(The Democratic Republic of Timor-Leste)
首都:ディリ
人口:110万人(2008年)
面積:14,600 km2(首都圏4都県{東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県}の合計面積とほぼ同じ)
人口密度:75人/km2(北海道とほぼ同じ)
人種: テトゥン族(メラネシア系)、マレー系、中華系、他)
宗教:キリスト教99.1%(カトリックが大半)、イスラム教0.79%
通貨:米ドル

言語:テトゥン語公用語としてポルトガル語、実用語としてテトゥン語インドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。

時差:なんと、東ティモールと日本は時差がありません!日本と同じということです、東ティモールの人々は自分たちの国を “Timor Lorosae”(ティモール・ロロサエ)と呼んでいます。

「ロロサエ」とは、現地の言葉・テトゥン語で「太陽の昇るところ」という意味です。

東ティモールではこの他に、公用語としてポルトガル語、実用語としてインドネシア語、他に14~16の地域言語があると言われています。

行きたいという方は少ないと思いますが

ちなみにですが、東ティモールへの行き方を書いておきます。

日本からはバリ経由での入国が一般的だそうですが、シンガポールからも入国できるそうです。

ビザが必要で観光ビザは30ドルで空港で買うことができるから安心ですね。

出るときも空港利用税として10ドルがいるとのことです。

観光するところというのがあまりなくというのも失礼な話ですが、辛い話と世界で二番目にでかいキリスト像があります。

海はとにかくきれいとのことですのでOAがとても楽しみです。

このような海外の秘境のようなところにも人生一度入ってみたいものですね!