AKB小嶋「SNSのあざとい写真」を、メンバー猛批判

AKB小嶋「SNSのあざとい写真」を、メンバー猛批判

いろいろと難しいですね。
以下 ヤフー引用

2月21日に放送された『AKBINGO!』(日本テレビ系)に、
AKB48の小嶋菜月(21)が出演。
入山杏奈(21)や中西智代梨(21)、SKE48の大場美奈(24)らと足を引っ張り合う暴露合戦を展開し、
お笑いタレントのいとうあさこ(46)や、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(36)らを驚かせる場面が見られた。

今回の番組は「いとうあさこと友達になれるAKB48はいるのか?」という特別企画で、
いとうがAKBグループのメンバーの中から友達になりたいメンバーを選ぶというもの。
まず、友達探しのルールとして、いとうが“友達になれないオンナの条件”を出し、
該当するメンバーを退場させていくことになった。
最初のNG条件は“SNSにあざとい写真をアップするオンナ”で、
入山は「心当たりがあります」と手を挙げ、
「なっつん(小嶋)は本当にそういう写真を上げてます」
と暴露。実際にツイッターに投稿した、
ストッキングが伝線したと報告しつつ美脚をアピールする写真が紹介されると、
小嶋は必死に言い訳したのだが、他のメンバーから嘘だとツッコまれてしまい、
いとうから2枚たまると退場させられるイエローカードを出されてしまった。

さらに、いとうが
「すっぴんのように見える写真を投稿する人もNG」
と語ると、中西が
「あんりん(入山)のすっぴん姿は、絶対にすっぴんじゃないだろうってぐらいキレイすぎ」
と暴露。そして、入山がツイッターに
「メーク前の顔で失礼します」
というコメントつきで投稿した、女優の黒川智花(27)とタレントの佐々木希(29)とのスリーショット写真が紹介された。
この写真について入山は
「キレイなお二人と並んで、”入山たいしたことないな”って言われるのも嫌だったから、
ちゃんとすっぴんというのを情報として流した」
と説明し、村本から
「正直に言うところが素晴らしい」
と褒められて、イエローカードは出されなかった。

その後、すでにイエローカードをもらった小嶋の、畳に寝転んでアメを舐めている上目遣いのツイッター写真が紹介されると、
そのあざとさに、いとうやメンバーたちは騒然。
小嶋は“この写真は祖母の家に行ったときのもので、
家族でラーメン店で食事をしたときにもらったアメがあったから、
たまたますっぴんで撮ったもの”だと主張。
しかし、いとうたちから、
“不自然にピンクになったほおや、上目遣いの目線があざとい”と指摘された。
小嶋は「お酒で酔っていた」「女の子ってアメを舐めていたら、絶対かわいく写るから」と言い訳したが、
イライラしたいとうから2枚目のイエローカードを出されて、あえなく退場となってしまった。

また、
「1つ上のステージから接してくる」
というNG条件には、大場が入山を指名。
大場は自分は先輩にもかかわらず、
AKBからSKEに移籍したときからあだ名で呼ばれるようになったと指摘した。
これに対し入山は
「謹慎から戻ってきたときぐらいから“オバディ”というあだ名で呼ぶようになった」
とコメントし、謹慎明けの大場がいづらくないよう、あえてフレンドリーに接したと説明していた。

最終的にいとうが友達になりたいと選んだのは大場で、
その理由を
「グループでこんなに謹慎の話をされる人はいないなと思って」
と説明。大場のことを
「お茶に誘いたくなった」
とコメントし、メンバーたちを爆笑させていた。

ヤフー引用